開業資金について

こちらでは完全自営の場合とFCに加盟した場合のハウスクリーニングの開業資金について解説します。

ハウスクリーニングをFC加盟で開業する場合の開業資金

開業に必要な資金や加盟金、運用コストはフランチャイズによって異なりますが、2つのFCの例についてご紹介します。

フランチャイズAでの開業に必要な資金の例

  • 契約条件
    • 対象者:20際~65際位まで、学歴、性別不問、(普通自動車免許)
    • 契約期間:1年
    • 開業地:全国
  • 開業資金
    • 加盟金:900,000円(税別)
    • 保証金:300,000円(税別)
    • 資材費:~600,000円(税別)
    • 合計 1,800,000円(税別)
  • ロイヤリティ(毎月)
    • 30,000円(税別)
  • その他経費
    • ロイヤリティ以外に広告費がかかる場合あり

フランチャイズBでの開業に必要な資金の例

  • 契約条件
    • 対象者:20~65歳位まで、要普免、学歴・性別不問
    • 契約期間:2年
    • 開業地:全国
  • 開業資金
    • 加盟金:200,000円(税抜)
    • 保証金:200,000円(税別)
    • 研修費:260,000円(税抜)
    • 器材費:1,450,000円(税抜)
    • 開業支援チケット代:50,000円(税抜)
    • システム使用料:150,000円(税抜)
    • 合計 2,310,000円(税抜)
  • ロイヤリティ(毎月)
    • 41,100円(税込)(税別)
  • 広告分担金(毎月)
    • 20,000円(税抜)

ハウスクリーニングを完全自営で独立開業する場合の開業資金

ハウスクリーニングを完全自営で開業したい方にはハウスクリーニングのビジネススクールもあります。

スクールのハウスクリーニング士開業コースを修了するとハウスクリーニング士認定証が授与され、親組織であるクリーニング協会の一員として開業することができ、フランチャイズのような加盟料やロイヤリティは不要です。

完全自営での開業に必要な資金の例

  • 受講料:150,000円(税別)
  • ハウスクリーニング資材:約150,000円
  • エアコンクリーニング資材:約120,000円

初期費用は自営より高いが開業後サポートのあるFC加盟がおすすめ

完全自営に比べるとフランチャイズ加盟の場合は確かに開業資金がかかりますし、ロイヤリティも必要となります。

しかし、完全自営の場合は何もかも自分で考えてやらなければならず、経営に行き詰まったり困ったことがあったりした場合は自分で解決しなければなりませんが、フランチャイズに加盟していれば新しい技術やノウハウを随時提供してもらえますし、経営上の問題に行き当たっても本部からのサポートがあります。

そういうことを考えると、起業を成功させるには、やはりフランチャイズに加盟するほうが安全と言えるでしょう。