ハウスクリーニング起業で失敗する原因とは?

開業コストも比較的低いうえ、ニーズが高まっているハウスクリーニング。ですが、転職や起業で成功している人がいる一方、なかには失敗して廃業してしまう人も。実は、ハウスクリーニングの起業で失敗してしまう原因には、いくつか共通点があります。

今回は、ハウスクリーニングの企業で失敗してしまう原因や対策について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハウスクリーニング起業で失敗する主な原因

まずは、ハウスクリーニング起業で失敗する主な原因についてみてみましょう。

仕事内容の想定が甘かった

ハウスクリーングの起業は、他の事業より初期費用などがかからないため、開業しやすいことは間違いありません。フランチャイズの加盟店を募集している本部も多いため、うまく見込みを立てて開業すれば、きっと成功できる分野と言えます。

しかし、「お掃除の仕事なんて余裕だろう」と考え、開業後の計画や見込みを立てていなければ、話は別です。とりわけハウスクリーニングの起業では、クリーニングの仕事を未経験で始められる方がほとんどですから、ついついあまい想定をしてしまう人もいるでしょう。

実際に仕事を始めれば分かりますが、プロのハウスクリーニングとして働くには専門の知識や技術が必要です。様々な汚れの種類や状況を見極めて対処しなければなりませんし、洗剤の種類や掃除をする壁や床などの素材の違いによって対応も異なります。こういったハウスクリーニングの仕事内容についていけなくなり、失敗が続き、やがて廃業、というパターンは珍しいものではありません。

もちろん未経験でも、開業後にフランチャイズの本部や支援や研修を受けながら、ハウスクリーニングの技術を高めていくことができます。「仕事の内容は決してカンタンではない」と自覚して、日々スキルを研鑽していくことが大切です。

開業後の計画性が不十分だった

これはハウスクリーニングの起業に限られませんが、独立開業を成功させるには、事業計画をしっかりと立てていることが欠かせません。開業後にどれほどの売り上げを得られるのか、厳しい想定までしておくことをはじめとして営業や販促方法をしっかりと考えておくなど、様々な想定をして開業計画を立てておきましょう。

開業計画を立てることは、フランチャイズ加盟店として開業する場合も変わりません。とりわけフランチャイズ本部が説明会などで紹介するような、理想的な売上予測がそのまま実現すると考えてしまうと、往々にして失敗してしまうものです。本部の計画や支援だけを鵜呑みにしてしまうと、想定していたほど売り上げが上がらなかったときにロイヤリティを支払うこともできず、廃業してしまうかもしれません。

儲からなかった

高齢の世帯が増えていたり、ライフスタイルが多様化したりしている昨今、確かにハウスクリーニング業界は著しい成長分野になっています。しかし、未経験から起業する場合、最初から理想通りの売上を上げることができるかどうか、しっかりと見定めておくことが必要です。

ハウスクリーニングの仕事が儲からない理由はいくつかあります。例えば、自身の店舗に仕事が入ってこない場合、同業者の下請けに入るケースです。実際、開業後にすぐに安定的な依頼を獲得できない場合は、同業者の下請けの仕事から始めることになるでしょう。

しかし、下請けである以上、単価はどうしても安くなってしまうため「利益が出ない」「アルバイト程度の稼ぎしかない」といった声もあります。業務経験は身につきますが、売り上げの面では厳しいものになってしまうでしょう。

また、業界の価格競争も儲けがでない原因の一つです。最近ではハウスクリーニングを依頼できるマッチングサイトがありますが、ひとつの依頼に対して複数の業者が仕事を獲得しようとするため、サービスの品質や内容ではなく、価格競争が起こるケースも。マッチングサイトなどの価格競争にのってしまうと厳しい面もあるため、別な売り上げ対策を持っておくことも必要です。

FC本部に頼りすぎた

ハウスクリーニングの開業では、フランチャイズの選択肢が豊富です。フランチャイズ加盟であれば、商材や顧客について心強いものですが、「いざとなったら、本部が助けてくれるから」という考えでフランチャイズ本部に依存しすぎると、開業後に思わぬ失敗をしてしまう可能性があります。

フランチャイズの加盟にあたっては、商材のメリットやサポートの内容などはもちろん、売り上げモデルなどを提示されることで安心感もあるのがメリットです。中には、本部が顧客を獲得してくれるフランチャイズもあります。しかし、「独立起業をするなら、経営はあくまでも自己責任」と意識しておくことも重要です。

フランチャイズ本部の存在に関わらず、トラブルがないよう自ら仕事の質を高める努力はもちろん、時にはクレームにしっかりと対応できるように交渉術を身につけておくようにしましょう。

ハウスクリーニング起業を成功させるポイントは?

ここからは、ハウスクリーニング起業を成功させるために押さえておきたいポイントを紹介します。

信頼できるフランチャイズ本部を選ぼう

未経験でハウスクリーニング起業をするなら、サービスのスキルを身につけることはもちろん、経営者としての仕事をこなす必要もあります。とりわけ事業経営も未経験であるなら、フランチャイズの加盟店として開業するほうが心理的にも安心でしょう。しかし、きちんとサポートを行ってくれる、信頼できるフランチャイズ本部を選べるかどうかによって、開業後の成否が分かれるものです。

信頼できるフランチャイズ本部は、まずサービスや商材の広報活動をしっかりと行ってくれます。CMや雑誌などメディアでの広告や宣伝ということになりますが、経営が未経験である場合、こういった広報活動を行うことはなかなか難しく、コストもかかってしまうのが難点です。個人であればなおさらでしょう。大手のフランチャイズであればブランドネームも知名度が高いため、営業を進める上で大きなアドバンテージになります。

フランチャイズの公式ウェブサイトなどから依頼が入った案件を紹介してくれるなど、集客面でもサポートしてくれるフランチャイズ本部であれば、なお有利に経営を進めることができるでしょう。

開業前にきちんと準備しよう

ハウスクリーニングの仕事が未経験であるなら、なおさら開業前にしっかりと学んでおきましょう。フランチャイズ本部の開業前研修はもちろん、よりハイレベルなハウスクリーニングのスキルを教えてくれる学校もあります。

ハウスクリーニングの学校では、一般的な家事レベル以上のクリーニングスキルを教えてもらえるのがメリットです。汚れの種類はもちろん、そもそも汚れが発生するメカニズムまで学べます。

一つひとつの汚れに対応した清掃用具・洗剤に関する知識や選び方、掃除場所ごとに効率的な手順。顧客の自宅で作業をする際のマナー、さらにはエアコンや水回りの設備など、特殊なクリーニングが求められる場所のクリーニング方法などです。これらの研修をすべてマスターすれば、ハウスクリーニングの学校から資格や認証も受けられます。こういった資格を有していると、営業時の信頼にもつながるのがメリットです。

地元密着型の営業スタイルをとろう

ハウスクリーニングの仕事は、小さな案件でもひとつひとつ積み重ねながら、地元に根付いた営業をしていくことがポイントです。これはフランチャイズ本部に依存しない、自らの営業先を獲得する、ということでもあります。

地元に密着したハウスクリーニングサービスのメリットは、ずばり集客のしやすさにあります。「エリアが広い方が案件の数を稼げそう」という考えは間違いではありませんが、ハウスクリーニングのサービスは口コミなどの紹介で顧客が広まっていくケースが多いからです。地元の評価を確実にしていくことで地域での信頼が高まり、やがてはチラシのポスティングや地元メディアを通じた広告宣伝をしなくても、顧客が増えていく好循環に入っていくことができます。

また、地元での営業を積み上げていくのであれば、営業先は不動産会社などが良いでしょう。賃貸物件をはじめ、不動産会社は住人の退去にともなうハウスクリーニングの案件がたくさんあるからです。高品質なサービスを提供することができれば、継続して依頼が入る可能性もあります。

常にサービスの品質を向上させよう

ハウスクリーニングを利用する顧客は、家事のレベルでは落とすことができない汚れやとても大変な作業に悩んでいるからこそ、プロの業者に仕事を依頼をしているものです。サービスの内容は普通の掃除ではなく、プロの技術でなければ対応することができません。ハウスクリーニングのスキルを常に磨き、また最新の技術を学んでいることが、ハウスクリーニング転職成功のポイントです。

とりわけ初めて依頼する顧客に対応する場合は、「せっかく頼んだのに、これじゃ自分でするのと変わらない!」と思われないように、プロのハウスクリーニングをしっかりと提供しましょう。高品質なサービスだと納得してもらえれば、今後のリピーターになってくれる可能性もあります。

他の業者では提供していない、新しいサービスを追加することも大切なポイントです。ハウスクリーニングはもちろん、関連する家事代行サービスなどは、ご高齢の世帯に喜ばれます。不用品の回収や家具家電の買取なども組み合わせやすいサービスになりますので、検討してみるのも良いでしょう。

まとめ

ここまで、ハウスクリーニングの起業でありがちな失敗や廃業の原因について解説してきました。失敗してしまう転職や起業には共通したものがあるので、「フランチャイズに依存しない」「ハウスクリーニングのサービスの質を上げる」など、注意したいポイントを押さえて事業を進めていきましょう。

独学で進めるのも一つの手段ではありますが、やはり初心者から始めるのであればサポートを受けながら仕事ができるように環境を整えるのがおすすめです。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査