ハウスクリーニング独立開業フランチャイズおすすめガイド » ハウスクリーニング業界のすすめ » ハウスクリーニング業での起業で成功する人の条件とは?

ハウスクリーニング業での起業で成功する人の条件とは?

起業には大きな可能性がありますが、誰もが起業することによって成功するわけではありません。

人によって向いている業種も異なります。

起業で成功しやすいのは、どのような人なのでしょうか?

ここでは、ハウスクリーニング業の起業で成功する人の条件を検証していきます。

起業で成功する人の4つの条件

まず、どんな業種であっても、起業で成功するのに必要な条件があります。

思い切りが良く、主体的に行動できる

雇われている立場とは異なり、自分自身で大きな判断をしなくてはいけないのが起業家です。

いつまでも判断できず、迷っているうちに好機を逃し、取り返しのつかない状況に陥ることだって考えられます。

また、例えフランチャイズであったとしても、指示された仕事だけするのではなく、主体的な行動が必要です。 起業家なら、時には思い切った判断を下せること、自分で考えて行動する主体性のある人ではないと成功は難しいでしょう。

仕事が好きで、長時間働くのも苦ではない

起業して成功するには人一倍努力できる人でないといけませんが、お金のためだけに起業するのはおすすめしません。その業種に面白味を感じている、仕事が好きである、長時間働くのも苦にはならない。

そういう人ではなければ、成功するまで努力を続けるのは難しいでしょう。

失敗にへこまず、学ぶことができる

雇われている身なら失敗しても上司がフォローしてくれますが、起業したら全ての責任を自分で負うことになります。

失敗したからといって、落ち込みすぎないこと。モチベーションを失わないこと。失敗を分析して、次は同じことにならないように方法を考えること。失敗を肥やしにできることは、成功するためにとても重要です。

周囲に相談相手や良い仲間がいること

起業すれば、もう誰もあなたを守ってはくれません。だからこそ、人とのお付き合いはとても大切になります。顧客開拓ではもちろん、同じ業種の相談相手がいることも大切です。人づきあいが苦手な人は、起業にはあまり向いていないかもしれません。

ハウスクリーニングでの起業で成功する人の条件

それでは、ハウスクリーニングの起業の成功で必要な条件を挙げていきましょう。

堅実にコツコツと丁寧な仕事をする人

ハウスクリーニングの仕事では、サービスを提供してその仕事ぶりを気に入ってもらえば、自然とリピーターが増えていきます。逆に言えば、リピーターになってもらえるような仕事ができるかどうかが成功への鍵です。

堅実にコツコツと丁寧に仕事をこなせること。それが条件となります。

接客業の経験があれば有利

お客様と直接関わる仕事ですので、お客様対応になれている人のほうが仕事はしやすいでしょう。サービス業、飲食業といった接客のプロと言える仕事を経験している人は有利だと言えます。

また、家具を動かすことも多いので、運送業出身の人は経験をいかすことができます。

人が喜んでくれることにやりがいを感じる人

ハウスクリーニングは「きれいにしてくれてありがとう!」の一言が嬉しい仕事です。その一言がモチベーションとなれば、自ずと楽しくなり、顧客も増えていくでしょう。

起業して成功するのは簡単ではありませんが、やりがいはあります。人によって向き不向きはありますが、そのための努力し、自分を磨いてみるのもいいのではないでしょうか。

ぜひチャレンジしてみてください。

未経験でハウスクリーニングを開業するならフランチャイズ選びが重要

ハウスクリーニングの独立開業で成功をするためには、自分の性格や仕事への取り組み方、開業する地域性などを考慮し、自分にぴったりの会社を見つけることが重要です。

ここでは、数多くのフランチャイズの中から未経験者でも安心して開業できる3社をご紹介します。

ハウスコンシェルジュ

昭和36年創業、住宅用洗剤や家庭用ワックスのメーカーが始めたハウスクリーニングフランチャイズである、ハウスコンシェルジュ。

大手企業のショールームクリーニングなどで有名な企業ですが、ハウスクリーニングとしての知名度はやや低めです。

しかし開業前・開業後共に万全のサポート体制を取っており、初期費用も安く初めての開業でも安心して加盟することができます。

コンシェルジュの名の通り、マナー研修を行うといった独自の取り組みも魅力です。

ハウスコンシェルジュは初期費用が安く個別説明会もあるので初心者向き

ハウスコンシェルジュの初期費用はトータル180万円、ロイヤリティ(支払う金額)は月30,000円ととても良心的。説明会は個別対応なので周りを気にせず何でも聞けます。また、開業前には5日間の実技研修が設けられており、営業方法もしっかりと学ぶことができます。

開業後のサポートは、フランチャイズ本部の担当者が親切丁寧に行います。

開業後に案件が途絶えてしまうのでは?という不安は、開業前の誰もが抱えているものです。しかし、ハウスコンシェルジュなら、本部からの案件紹介が途切れることはなく、継続的な収入を見込めるでしょう。

ハウスコンシェルジュは、初期投資とランニングコストを抑えながら安定した収入を得たい人におすすめです。ロイヤリティの金額が一律なので、真面目に取り組めば、取り組んだ分だけしっかり報酬に反映されるのも、ハウスコンシェルジュの優れている点といえるでしょう。

e-MACS

ナックエンジニアリング株式会社が運営するe-MACSでは、ハウスクリーニングだけではなく、壁紙やフローリングのコーティングといったお部屋のメンテナンスも行います。

そのため、個人の住宅だけではなくアパートやマンションの退去時クリーニングの案件も多くあり、仕事が途切れることはほとんどないでしょう

e-MACSはコストを抑えてハウスクリーニング開業したい人におすすめ

e-MACSの初期費用は75万円、ロイヤリティなしで年会費6万円という破格で開業できるのが魅力です。

研修期間も6日間ととても短く、自己資金をなるべく抑えてすぐに開業したい方に向いています。

建物メンテナンスという作業を6日間の研修で覚えるのは少し大変、という方でも、研修終了後の無料研修や本部の同行営業があり安心です。

本部が洗剤メーカーのため、洗剤のクオリティが高いのもポイント。

総合すると、e-MACSのフランチャイズは今すぐハウスクリーニングを開業したいけれど、「自己資金が少ない」「クリーニング技術に自信が持てない」という方におすすめです。

おそうじ本舗

テレビCMでおなじみのハウスクリーニングおそうじ本舗では、クリーニングだけではなくメイドサービスといった家事支援サービスも行います。

また個人宅だけではなく、不動産業者やビル清掃といった法人との契約も多く取れるため、売り上げは安定しています。

おそうじ本舗は充実した研修制度とネームバリューが魅力

おそうじ本舗では、初期費用が231万円と他のフランチャイズよりも高く、ロイヤリティも毎月4万円近く、さらに宣伝費として月2万円が必要となります。

しかし開業前サポートとして基礎研修6日間、現場研修2日間、営業研修4日間のトータル12日間を使い丁寧な研修を行っています。

出店の際にはエリアのマーケティング分析を行い、どのような場所で出店するべきかまでアドバイスをもらえるのが特徴です。

おそうじ本舗のフランチャイズは、営業力に自信がない方におすすめです。仕事は真面目に取り組めるけれど、営業が苦手という方でも、おそうじ本舗ならネームバリューがあるため仕事を取りやすいというメリットがあります。

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング

ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査