他業種と比べた優位性

このページではハウスクリーニングビジネスと他業種フランチャイズを開業資金、運営費、特徴などで比較し、ハウスクリーニングの優位性を検証しています。

仕入が不要!「技術力」をサービスとして提供できる

「技術力」をサービスとして提供する業務ということは、「技術」さえあれば継続的に業務に携わることができるということです。

小売や飲食店のように形のある在庫を抱える必要がなく、形のないサービスが武器になるという強みは、そのまま利益率の高さにもつながります。

ハウスクリーニング加盟店同士の連携があるFCチェーンもある

飲食店やコンビニエンスストアなどのフランチャイズチェーンではありえないことですが、ハウスクリーニングのフランチャイズ加盟店では、加盟店同士が連携して業務に取り組むこともあります。

これはお客さま自身が出かけて行き、その場で購入するのではなく、お客さまのお宅にお邪魔してサービスを提供するという業種ならではのことでしょう。

「加盟店同士でお客さまを取り合う」という意識はほとんど働かず、むしろ「対応できないときにカバーし合う」という意識があり、ノウハウや技術、運営方法などに関しても、良いものは共有しあうなど、他業種フランチャイズとは少し違うところもハウスクリーニングFCの特長です。

低資金で独立開業できる

飲食店やカラオケ、高齢者福祉施設やリフォーム関連などは初期投資が莫大にかかりますが、ハウスクリーニングビジネスは、基本的に店舗を持たずに一人で開業できるため初期投資費用がそれほどかかりません。

以下に一般的なフランチャイズ加盟で必要な資金を記載します。

コンビニエンスストア
開業資金:300万円~、運転資金:200万円~、総額:500万円~
リサイクルショップ
開業資金:500万円~、運転資金:300万円~、総額:800万円~
学習塾
開業資金:700万円~、運転資金:300万円~、総額:1000万円~
飲食店(居酒屋)
開業資金:1500万円~、運転資金:500万円~、総額:2000万円~
ハウスクリーニング
開業資金:200万円~ 運転資金:100万円~ 総額:300万円~

学習塾や飲食店(居酒屋)などは、上記の項目の他に、店舗改装資金や外装費用などや人件費なども追加計上する必要があります。

また、同じハウスクリーニングでも、フランチャイズ本部によって初期投資金額がかなり違うので選ぶときには十分注意するようにしましょう。