ハウスクリーニングのやりがいとは

このページではハウスクリーニングの仕事で味わえるやりがいについて詳しく解説していきます。実際に働いている方の体験談もまとめたので、ハウスクリーニングの仕事に興味がある方はチェックしてみてください。やりがいがわかっていると、仕事を始めてからのモチベーション維持がしやすくなりますよ。

ハウスクリーニングのやりがい

ハウスクリーニングは汚れがひどかったり掃除に時間が掛かったりする所をきれいにする仕事。仕事内容から、「キツイ」「汚れそう」などのネガティブな印象を持つ人もいるでしょう。

しかし、ハウスクリーニングはやりがいを感じる要素が多くある仕事。実際に、充実感を持って長く続けている人も少なくありません。

開業すれば頑張り次第で稼げる

近年は、ハウスクリーニングで「独立開業」を目指す方が増加しています。理由は、高齢化や共働き家庭の増加などで需要が増えている日本社会では、ハウスクリーニング業界の成長が著しいから。成長市場での開業は、大きな収入アップが期待できます。

新規参入者が増えているハウスクリーニング業界できっちりと稼ぐためには当然一定以上の営業努力が必要。逆に言えばがんばり次第で大きなチャンスがつかめる仕事とも言えるのです。

仕事の結果が目に見えてわかる

ハウスクリーニングで掃除をする場所は主にカビ・水垢がこびりついている浴室や油汚れが蓄積しているキッチン周りなど。一目で汚れが確認できるところを依頼されるケースが多くあります。また、エアコンを分解して内部の掃除するような、素人では難しい、専門知識の要るクリーニングを頼まれることも。

汚れがひどい場所を丁寧に掃除すると、見違えるほどに見た目が大きく変わります。自分の手できれいにしたのが目で分かると、仕事の成果を強く感じられるでしょう。

さらに、一般の人では厳しいとされる箇所の清掃を、自分の知識と技術力を駆使して落とせたときの達成感はひとしおです。

仕事の結果がすぐに目に見えるのはハウスクリーニングの大きなやりがいだと言えます。

お客さんから直接感謝してもらえる

お客さんは自分で掃除するのが面倒だったりきれいにする方法がわからなかったりする場所の掃除をハウスクリーニング業者へ依頼します。

汚れている場所がきれいになったとき、お客さんが作業者の対応や技量に対して感謝の気持ちを抱いて「ありがとう」「おかげで助かった」「いい腕しているね」などの言葉をかけてくれることも少なくありません。

デスクワークと違い、お客さんと直にコミュニケーションを取れるのもやりがいにつながります。

生活にも生かせる

ハウスクリーニング業者は掃除のプロフェッショナル。仕事を通じて、さまざまな内容の掃除の技術を数多く習得できます。自宅を掃除する際、浴室・トイレ・キッチン・換気扇・ベランダなどの素人では難しい場所でも、仕事の経験を活かしてきれいにすることが可能です。

また、仕事を通して、エアコン掃除や水道のパッキン交換、壁紙の補修などの専門的な業務を身に付ける人もいます。自宅でそれらのメンテナンスや修理が必要になったとき、自分で作業が行えれば、費用を払って業者に依頼する必要がありません。

仕事・プライベートを問わず活かせるスキルが身に着くのもハウスクリーニング業の魅力です。

ハウスクリーニングの仕事で大変なところ

やりがいもあれば大変な点があるのはハウスクリーニングに限らず、仕事の常です。そこで、多くのハウスクリーニング従事者が「大変だ」と声をあげる点についても調べてみました。

天候によって負担が変わる

ハウスクリーニングは季節を問わずにお仕事がありますが、夏前はどうしても暑い日々が続きます。夏場の暑い時期のクーラーのクリーニングともなれば、空調が無い中での作業となりますので汗が止まらないでしょう。場合によっては猛暑の中での作業を強いられることもあるので、その分負担がかかります。

肉体への負担

ハウスクリーニングは時に重い物を運ぶこともあります。例えば家具をどけるとなれば、力が必要です。石膏ボード、床材などを運ばなければならないこともあります。

クリーニング用の器材を2階に運ばなければならないケース、あるいはエレベーターの無い5階建てのマンションであれば階段で運ばなければなりません。肉体的な負担もより大きなものになります。

「対人」だからこその大変さ

ハウスクリーニングは、勝手に作業を行うものではありません。依頼を受けての作業となります。どれだけ丁寧に作業を行ったとしても、細かくて神経質な依頼者であれば「もっと丁寧に」と言われることもあるでしょう。その点では、接客の大変さに相通ずる部分もあります。

作業をしてもらうことに感謝をしてくれるお客もいれば、厳しい言葉を言ってくるお客もいるかもしれません。この点もまた、ハウスクリーニングの大変な部分です。

ハウスクリーニングにやりがいを感じている人の体験談

体験談その1

前職では、常に忙しくて、自分の時間を作る余裕がありませんでした。子供と関わる時間を増やしたかったので、「仕事とプライぺートが両立できそうなものは何かないか?」と色々な業種を検索。その中で見つけたのがハウスクリーニングのフランチャイズでした。

お客様の感謝の気持ちを感じられる

以前の仕事ではサービスを利用してくれたお客様に対して、こちらから感謝を伝える機会が多くありました。しかし、ハウスクリーニングの仕事では逆にお客様から感謝の言葉を多くいただいています。仕事をしてお礼を言われると、「働いてよかった!」とモチベーションが上げられるのでありがたいです。

ハウスクリーニングのフランチャイズをはじめたことで、当初の希望通りにプライべートの時間を確保できるようになりました。おかげさまで、公私ともに充実した日々を過ごせています。

体験談その2

自分の強みである接客力を活かせる仕事を探している中で、ハウスクリーニングのフランチャイズに辿り着きました。現在は店舗を構えて一般家庭の掃除を中心とした事業を展開しています。

サラリーマン時代に味わえなかったやりがい

ハウスクリーニングの仕事は、繁忙期になるとなかなか休みがとれないくらい忙しくなります。また、サラーリーマンのときよりも自分に掛かる責任も重大です。

ですが、そのぶん収入という形で自分に返ってくることに、やりがいを感じています。ハウスクリーニングは楽なことばかりではありませんが、私にとってはやる気を持って毎日取り組める仕事です。

体験談その3

サラリーマンとして働いていたとき、将来への不安や今よりもやりがいのある仕事を求める気持ちが常にありました。

そんなときに、客としてハウスクリーニングを利用。それがきっかけとなって、この仕事に対する興味が生まれました。現在は、フランチャイズに加盟して、妻と一緒にハウスクリーニング業を行っています。

定年がないので長く続けられる

ハウスクリーニングのフランチャイズにはサラリーマンのときと違って定年がありません。仕事の内容も思ったより体力消費が激しいわけではなく、健康に身体が動くうちは長く続けられそうです。

また、個人的に「妻と一緒に仕事をしたい」という気持ちがあったので、それが実現できたのもメリット。将来的には、子どもに事業を継がせることも選択肢に入れています。

総評:ハウスクリーニングはやりがいを感じられる機会が多い

体験談を読むと、「サラリーマンのころよりも、やりがいを持って仕事に取り組めている」といった内容が多く見られました。やった分だけ稼ぎになるという成果主義な点やプライベートが確保しやすいところが、やりがいにつながっているようです。

ハウスクリーニングの仕事は、汚れている場所を自分の力できれいにしなくてはいけないので、「大変な肉体労働」といったイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、設備や機材などの技術が発達したことで、以前よりも効率的に働けるようになっているのも事実です。ハウスクリーニングの仕事は古い先入観に基づくイメージとは異なり、労働と成果のバランスが良く、「気持ちのいい汗をかける仕事」へと変わっています。

少しでもハウスクリーニングの仕事に興味がある方は、独立開業も含めて、一度くわしく調べてみてはいかがでしょうか?

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査