ハウスクリーニング独立開業フランチャイズおすすめガイド » ハウスクリーニング業界のすすめ » ハウスクリーニングは見習い修行をしたほうが良い?

ハウスクリーニングは見習い修行をしたほうが良い?

ハウスクリーニングを生業として独立することを決めたら、技術を身に付けなければいけません。例えば、弁護士になりたいなら大学の法学部を卒業して大学院へ進学し、司法試験に合格する必要があります。料理人を目指すなら、専門学校へ通い調理師免許を取得します。しかし料理人の場合は、弟子入りするといった手段がありますよね。職人系の仕事は見習いとして働きつつスキルを得る手段があります。

ハウスクリーニングも職人的な仕事の一面を持っているので、見習いとして勉強する方法があります。見習いとしてスキルを磨きたいと思っていても、見習い先が見つからず困っている人も多いはずです。このページではハウスクリーニングで独立するために見習いとして働くことについてまとめています。

ハウスクリーニングを開業する前に見習い修行は必要?

ハウスクリーニングで開業するために見習いとして働くのは必須ではありません。しかし、修業をするのは、スキルを磨くひとつの手段と考えられます。

ハウスクリーニングは、お客さんの家に上がり掃除という技術を提供するお仕事です。つまり、職人と同じと言えます。そのため見習いとして個人事業主に修業させてもらうのも悪くはありません。技術的指導を受けて見習いとして現場経験を積めば、自身の技術向上速度は独学で行うよりもスムーズになるでしょう。

見習いとは?

見習いとは企業で言えば、研修期間にあたります。コンビニやスーパーで若葉マークを着けながら働いている人が、いわゆる”見習い”になるのです。また、仕事をまだ覚えていないので研修中の時給として安く使われていても仕方ない立場となってしまうことも頭に入れておきましょう。

職人の世界では、一人前になって独立することを目的に見習いとして働きます。「スキルを磨きながら、実際に働いて経験を積めることを期待する期間」とも捉えられそうです。

見習いのメリット・デメリット

メリット

見習いとして修業をすることの最大のメリットは無料でノウハウが学べること。また少ないですが、給料も出るのが魅力的ですね。

技術を教わるとなった場合、専門施設で学ぶための学費を払う、塾などへ加入するため費用を支払うことが必要となります。一方で、見習いとしての修業なら、給料としてお金を受け取りながら技術を学べるのが最大のメリットと言えます。

デメリット

見習いの多くは、雇用契約を結ぶわけでではないので、給与が当初の約束より少なかったり、技術指導を全く行ってくれなかったりする可能性があります。また見習いから正式採用をお願いしていたにもかかわらず、いつまでも見習いのまま低賃金で雇われ続けることも。

他にも独立前提で見習いに入ったのにもかかわらず、独立を許可してくれない、独立後も弟子入り機関と同様に扱われそうなどといった不安要素があります。

ただ、見習い先によって条件が大きく異なってくるため、事前のチェックが大切になってきます。

見習い先の見つけ方

インターネットを活用する

見習い先を探す方法としてオススメなのはインターネットの活用です。検索キーワードは「ハウスクリーニング+自分の住んでいる地域名」。ホームページの雰囲気でその会社の雰囲気も大まかに把握できます。

検索して調べていった中から、自分の望む企業風土の企業に自分を売り込んでいきましょう。当然、見習い募集中などと書いてある企業ホームページはないでしょうから、なかなか話は決まらないと思います。それでもめげずに何社も電話で自分の熱意を伝えていくことにより素晴らしい出会いが待っている可能性があります。もともと難しいお願いをしている立場になるので、断られたら切り替えてすぐに次へ問い合わせるようにしていくことをオススメします。

求人検索は的外れな場合も…

ハウスクリーニング業者を求人検索で探しても、見習いとして働くことは難しいでしょう。求人を出すということは、自分の会社で即戦力として働いてくれる人を探しているのです。見習いを募集しているわけではありません。したがって、求人募集に対して「見習いとして雇ってください」というのは、自分の希望する内容と企業側の希望が一致しないので、応募は控えるのがベストです。

見習いをしなくても開業できるのはFC!

見習いとして技術を身に付けたいけどなるべく早く開業したいという方は、フランチャイズ加盟をするといいでしょう。FC(フランチャイズ)加盟をして、そのフランチャイザー本部が開催する研修に参加すれば、見習いと同じように知識やスキルを磨けます。

フランチャイズ展開している企業が主催する研修なら、実務に基づいた効率的な技能を短期間で身につけられます。何より自分が加盟料などを支払っているので、遠慮なく質問し、疑問点を解決していけるのが魅力的と言えます。見習いとなると雑務をこなす必要がありますが、こちらは独立を前提に指導をしてもらえるので、より独立後に必要となる知識などを身につけやすい方法です。また見習い先を見つける手間も省けて、効率的に独立できるでしょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査