成功するフランチャイズオーナー

こちらでは独立開業を成功させるためのフランチャイズオーナー(特にハウスクリーニングのFCの)に求められる資質や心がけなどについて紹介しています。

宣伝広告費を抑える

ハウスクリーニングのFCの場合、ほとんどは店舗を持たずに経営しているわけですから、地域の人々にビジネスを知ってもらうためには宣伝しなければなりません。

この宣伝広告費をどう捻出するか、もしくは費用を抑えながらも宣伝するかが成功のカギの1つと言えるでしょう。

新聞に折り込み広告を挟むとそれなりの広告費がかかりますが、同等の効果があるのが早朝の新聞配達時に作成したチラシを配るというものです。

昼間にポスティングをするよりも、折り込みチラシと併せて手に取ってもらえるチャンスが多いそうです。費用面、効果面の両方から効果アリの工夫でしょう。

忘れてはいけない挨拶

ハウスクリーニングの作業に入る前に、お客様の家の近隣住民に対して「こういうサービスを行うので、騒音などあるかもしれません」と挨拶に行き、チラシを配布するのも工夫の1つです。

サービスを受ける家庭だけでなく近隣住民に安心感を与えることはもちろんですが、自然な営業活動にもつながります。「ハウスクリーニングって、どういうサービスをしてくれるの?」などと聞いてくれればしめたものですし、もしそうした会話がなかったとしても後日、サービスを受けた家の人が「よかったわよ~」なんて噂にしてくれるかもしれないのです。

その時に「あ、あの挨拶してくださった業者さんね」と記憶によみがえらせることができれば、次の受注につながるチャンスです。

また細かなことかもしれませんが、1度サービスを提供したお客様に季節のご挨拶(電話よりも葉書やお手製のチラシの方が不快に思わないかもしれません)をお送りし、「またお願いしようかな」と思い出していただけるように仕向けるのも1つのアイデアです。

お客様への挨拶状は、時候のタイミングも選びましょう。夏にエアコンのクリーニングを依頼して下さったお客様に、今度は年末の大掃除のハウスクリーニングを依頼していただけるように、その時期の少し前に挨拶状をお送りするなどのタイミングが効果的です。

ハウスクリーニング事業は、リピーター獲得が何よりリピート利用をしていただくことが、成功の秘訣です。

成功できる事業計画書を作成する

独立開業を決めたら、たとえフランチャイズであっても、オーナー自身でも独自の事業計画書を策定するべきです。

事業計画書には以下のような項目を記載すると良いでしょう。フランチャイズ本部だけに頼るのではなく、経営者の自覚を持って、事業をコントロールしましょう。

  • 開業予定日:余裕をもたせる
  • 資本金:ハウスクリーニングの場合は300万円程度必要な場合が多い
  • 事業地:事業の場所、需要の多い場所を調査しておきましょう
  • 従業員数:人件費は大きな出費となるので十分に検討する
  • 業種:サービス業、飲食業、小売業などの分類
  • 提供するサービスや商品:具体的に記載
  • 経験:実績、FC加盟の場合は研修の内容、予定などを記載
  • 仕入先:FC本部か本部の指定する業者なのか記載
  • 販売先:想定される顧客ターゲットについて記載
  • 事業全体像:アピール点、特長、強みなどを記載、FC加盟の場合は知名度や提供されるノウハウや強みなどを記載
  • 起業の目的や動機:独立したいと決めた時の初心を記載

ハウスクリーニングFCオーナーの成功談

このサイトでは、現在1,000億円市場とも言われ、なおかつ東京オリンピックの2020年頃までには8,000億円市場に成長すると予測されているハウスクリーニング事業のフランチャイズ本部を紹介し、比較検討してランキングを作っています。

開業後に顧客を紹介するなど、サポートの充実しているFCなどもありますので、独立開業の参考にしてみてください。

やりがいがあり人に感謝される仕事!サポート体制充実のサービス

ハウスクリーニングを始めたときは、すべて自己流で行なっていました。しかしそれでは限界があると感じて、スキルを身につけようと決意し、数あるハウスクリーニングサービスの中からハウスコンシェルジュを選択。清掃用品やケミカルのメーカーが立ち上げていることや人と人とのつながりを大切にしていることを知り、興味を持ったのがきっかけです。

仕事中、今まで経験したことのない汚れがあることも。そのときは、本部の担当者が手伝ってくれました。今後も安心して仕事に取り組めると感じましたね。開業しても仕事がなかったらどうしよう…と考えることもありましたが、掃除の仕事はさまざまなところから必要とされていますし、ハウスコンシェルジュからたくさん仕事をいただけるので心配無用でした。本部のサポートがあるので、1人では不安なときも親身になって対応してもらえますよ。

「ありがとう」と人に感謝される仕事がしたいなら、おすすめの職業ですね。

会社名:ハウスコンシェルジュ

ラーメン店から一転!半年で仕事量アップし1人前に

兄弟でラーメン店を経営していましたが、ほぼ無休で働いても月の給与は18万円ほどでした。お店の収支もプラスマイナスゼロで、初期投資の回収が難しい状況。これではダメだと別の事業を考えた結果、掃除が好きという理由から、ハウスクリーニングを始めることにしました。

他社のフランチャイズとして加盟するつもりでしたが、初期費用が抑えられることを知り、おそうじ革命を選択。社長と話したときに感じた熱い思いや人柄に惹かれ、信頼できると思えたのです。

研修中に対応した顧客は、開業後も自分の顧客として対応することができます。信頼してリピーターになってもらえると仕事には困らず、半年後には1人で対応できる上限まで仕事を増やせました。集客方法やデータ管理など難しそうな点もサポートを受けることができるので、これまで培ってきたノウハウを教えてもらいながら仕事ができるのは、大きなメリットですね。

会社名:おそうじ革命

厳しい研修を耐えたからこそ今がある!今後の展望に向けて前進

今まで会社勤めでしたが、さまざまなことに縛られストレスが溜まり辞めてしまいました。その後、大型トラックの運転手で自由な生活を送るも仕事が減少。居酒屋の経営をするも、理想とは異なる結果になりました。

おそうじ本舗のフランチャイズに興味を持ったのは、近所の人から開業の話を聞いたのがきっかけです。説明会に参加し、自分にできるのか不安はありましたが、思い切って加盟することにしました。

研修に参加したら一人前にしてくれると勝手に思っていましたが、社員からの指導はとても厳しいものでしたね。途中でリタイアする人も…。絶対に合格する!という気持ちで最後まで研修を続けた結果、無事合格でき開業に至りました。

1年目は仕事がなく苦労しましたが、今は店舗を持つことができ、少しずつ仕事も増えてきました。本部の方の提案もそうですが、自分自身でさまざまな行動をしてきたことも仕事が増えた要因のひとつではないでしょうか。今後は社員を増やし、法人化も考えています。

会社名:おそうじ本舗

開業に必要なノウハウを徹底指導!コツコツ努力で仕事も軌道に

もともとおそうじ隊501で働いていました。社内の雰囲気や体制などが自分に合っていたことや、本部とのチームワークの良さや信頼感などもあり、開業を決意。月に1,000万円稼いでいる先輩オーナーがいたのも独立に興味を持ったきっかけです。

研修では、掃除の技術指導やサービスに関する研修などだけでなく、営業のノウハウや事務作業まで教えてくれました。ほとんど扱えなかったパソコンも、丁寧に指導してくれたおかげで使えるようになりましたよ!

営業に慣れていないため話を聞いてもらえないこともありますが、それでもきちんと話を聞いてもらえて仕事の依頼をいただいたときはすごく嬉しいですね。

先輩オーナーからは、本部で指導されたことをコツコツやっていけば上手くいくと言ってもらえたので、私も基本をコツコツ積み重ねていこうと思います。

会社名:おそうじ隊501

売上保証で安心!人柄・対応の良さで信頼できる会社だと実感

前職で体をこわしてしまい続けられなくなったので、転職しようと考えていました。折り込み広告でカバーオールのことを知り、興味本位で資料請求。自分で営業しなくても本当に仕事をもらえるのか不安でしたが、実際に面談してみてその不安を払拭することができました。売上保証もそうですが、社長の人柄やスタッフの丁寧な対応で信頼できる会社だと感じたのも不安がなくなった大きな要因ですね。

カバーオールに加盟しているオーナーさんは皆さん優しくて、さまざまなアドバイスをいただいています。個人事業主だからと孤独を感じることもなく、日々楽しく仕事ができていますよ。

会社名:ダイオーズカバーオール

会社によって技術指導や営業のノウハウなども異なりますが、どこも本部からの手厚いサポートが受けられるので、1人での対応が難しいときも安心です。フランチャイズであれば仕事を回してもらえるので、「開業しても仕事がなかったらどうしよう」という心配もいりません。 ハウスクリーニングでは、フランチャイズの他に個人で独立する方法もあります。それぞれのメリット・デメリットについてまとめているので、どの方法が自分に適しているのか確認してみましょう。

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング

ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査