フランチャイズビジネスの仕組み

こちらではFC開業までの流れや、ロイヤリティについての説明など、加盟前に知りたい情報などについて紹介しています。

フランチャイズとは?その仕組みは?

清掃ビジネスのフランチャイズシステムも、売る商品が「お掃除というサービス」であることを除いて、一般的なフランチャイズビジネスとそれほど違いはありません。

まず、フランチャイズ本部(フランチャイザー)との間でフランチャイズ契約を締結し、加盟店(フランチャイジー)となる必要があります。

フランチャイズ本部は加盟店に対し、店舗運営に必要な情報や必要な商材、必要なノウハウおよび技術を提供します。ノウハウを提供する際には別途、教育研修としての機会を設けることも多いでしょう。

加盟店は開業のための一定費用をフランチャイズ本部に支払います。そして教育研修などを経て、提供されたノウハウに基づき、地域に密着して広報・宣伝活動を展開、サービスを展開します。

月々の売上げの1部をフランチャイズ本部にロイヤリティとして支払うのが一般的。

金額について、また支払方法などについては契約内容などにより様々です。フランチャイズ本部によっては月額固定ではなく、売上高に対して何%というところもあります。

独立開業までの流れについて

おおむねどんな業界・業種のフランチャイズシステムであっても、説明会を設けているところがほとんどです。

業界動向やビジネスとしての展望、フランチャイズ本部からのサポート内容などについて、細やかな説明を丁寧にしてくれるところが望ましいでしょう。

加盟申し込みを行ったら加盟審査を経て、具体的な開業スケジュールを決めていきます。 その後は研修を受講、サービスを展開するのに必要なノウハウや技術がフランチャイズ本部から供与されます。そのほか、開業するにあたっての各種サポートを受け、晴れて独立!という流れが一般的です。

清掃ビジネスにおけるフランチャイズシステムでは、開業店舗は住民数万人あたりに1店舗の店舗配置が適当と言われているようですが、フランチャイズ本部は、そうしたマーケティングや店舗の最適配置などでも、加盟店に対して適切な指導を実施します。

知っておきたいフランチャイズ用語

事業者(フランチャイザー)
フランチャイジー(加盟店)に対して、営業ノウハウ、ブランドや商標使用権などの サービスや商品を提供する事業を行うフランチャイズ本部。
加盟店(フランチャイジー)
フランチャイズ本部と契約し、ブランド、商標(トレードマーク)、店舗ノウハウを利用することを認められた独立経営事業者。
商標(トレードマーク)
フランチャイズ本部が持つ顧客信用を得た知的財産で、フランチャイザーはフランチャイジーに対し、これらの使用を許可する(ライセンス )ことでフランチャイズ・ビジネスが成り立つ。