フランチャイズビジネスの仕組み

こちらではFC開業までの流れや、ロイヤリティについての説明など、加盟前に知りたい情報などについて紹介しています。

フランチャイズとは?その仕組みは?

清掃ビジネスのフランチャイズシステムも、売る商品が「お掃除というサービス」であることを除いて、一般的なフランチャイズビジネスとそれほど違いはありません。

まず、フランチャイズ本部(フランチャイザー)との間でフランチャイズ契約を締結し、加盟店(フランチャイジー)となる必要があります。

フランチャイズ本部は加盟店に対し、店舗運営に必要な情報や必要な商材、必要なノウハウおよび技術を提供します。ノウハウを提供する際には別途、教育研修としての機会を設けることも多いでしょう。

加盟店は開業のための一定費用をフランチャイズ本部に支払います。そして教育研修などを経て、提供されたノウハウに基づき、地域に密着して広報・宣伝活動を展開、サービスを展開します。

月々の売上げの1部をフランチャイズ本部にロイヤリティとして支払うのが一般的。

金額について、また支払方法などについては契約内容などにより様々です。フランチャイズ本部によっては月額固定ではなく、売上高に対して何%というところもあります。

独立開業までの流れについて

おおむねどんな業界・業種のフランチャイズシステムであっても、説明会を設けているところがほとんどです。

業界動向やビジネスとしての展望、フランチャイズ本部からのサポート内容などについて、細やかな説明を丁寧にしてくれるところが望ましいでしょう。

加盟申し込みを行ったら加盟審査を経て、具体的な開業スケジュールを決めていきます。 その後は研修を受講、サービスを展開するのに必要なノウハウや技術がフランチャイズ本部から供与されます。そのほか、開業するにあたっての各種サポートを受け、晴れて独立!という流れが一般的です。

清掃ビジネスにおけるフランチャイズシステムでは、開業店舗は住民数万人あたりに1店舗の店舗配置が適当と言われているようですが、フランチャイズ本部は、そうしたマーケティングや店舗の最適配置などでも、加盟店に対して適切な指導を実施します。

知っておきたいフランチャイズ用語

事業者(フランチャイザー)
フランチャイジー(加盟店)に対して、営業ノウハウ、ブランドや商標使用権などの サービスや商品を提供する事業を行うフランチャイズ本部
加盟店(フランチャイジー)
フランチャイズ本部と契約し、ブランド、商標(トレードマーク)、店舗ノウハウを利用することを認められた独立経営事業者
エリアフランチャイザー
特定の地域でフランチャイズを募集する権利のある加盟店。
これに対して、本部を「マスターフランチャイザー」と呼ぶこともある。
加盟金
フランチャイズ契約を結ぶ際に加盟者が本部に支払うお金。
加盟金には称号や商標の利用権、ノウハウの提供、店舗の立地調査の費用などが含まれている。一度支払った加盟金は返金されないので、加盟金の内訳についてはしっかり確認しておく必要がある。
フランチャイズ・パッケージ
商標の使用権や称号、事業のノウハウなど、フランチャイズ契約を結ぶことで本部から得られる一連のプログラムのこと。
フランチャイズ・フィー
フランチャイズ・パッケージの見返りとして加盟者が本部に支払うお金。
加盟金や契約後に支払うロイヤリティがこれにあたる。
商標(トレードマーク)
フランチャイズ本部が持つ顧客信用を得た知的財産で、フランチャイザーはフランチャイジーに対し、これらの使用を許可する(ライセンス )ことでフランチャイズ・ビジネスが成り立つ。
ロイヤリティ
加盟店が本部に支払う「お礼金」のようなもの。フランチャイズをするということは、本部の知名度ステータス(ブランドイメージ)を借りて開業すること。本部から名前を借りて利益を得ることになるため、その対価としてお金を支払う。

一般的には売上の数%をロイヤリティとして納めることが多い。また、ロイヤリティには「定額方式」を始め様々な種類がある。
粗利分配方式
フランチャイズで使用されるロイヤリティの算出方法。
粗利金額に対して、設定されているパーセントを乗じた金額がロイヤリティと算出できる。ハウスクリーニングのフランチャイズでは粗利分配方式を採用しているところは少ないようだが、使用しているところもある。
スーパーバイザー
加盟店と本部との橋渡し的な役を担う職種。加盟店に対しては本部の意志を伝えた上で円滑に運営するよう指示を与え、本部には加盟店の現状や相談ごとなどの情報を吸い上げて伝える。本部としては、加盟店に大切な看板を貸している状態。

ブランドイメージを傷付けられて打撃を受ける可能性を回避するために、スーパーバイザーが加盟店のコントロールをしている。
開業(開店)指導員
フランチャイズ加盟店として開業をする際、フランチャイズ加盟店としての基本的なルールを始め、利益を得るための方法論など、様々なことを臨機応変に指導してくれる。
開業(開店)指導料
指導員(本部)に支払う費用のことで、場合によっては宿泊費や交通費を負担するケースも。フランチャイズ加盟店として契約する際には、開業(開店)指導料にどのような費用が含まれるのかを確認しておく必要がある。
最低保証制度
加盟店の総収入が本部の定めた最低保証金額に達していなかった場合に、その足りなかった分を補償する制度。ただし全てのフランチャイズ本部が対応している制度ではない。 また、「軌道に乗るまでの間だけ」というように期間限定となっているケースも。
保証金
フランチャイズにおいては、加盟者が本部に対して預け入れるお金。
ロイヤリティの支払いや商品仕入れで発生した債務の担保として当てられる。
債務が発生しなければ、フランチャイズ契約を終了するときに返金され、債務があった場合はその債務を差し引いた残金が返金される。本部によっては保証金を必要としないところもある。
中途解約
契約中に加盟店側から「解約したい」と本部へ依頼をして解約すること。基本的にはどのようなジャンルのフランチャイズでも、契約書に明記されている条項。ただし、場合によっては中途解約の条項が契約書に盛り込まれておらずできないこともある。加えて、中途解約ができたとしても、違約金、解約金など厳しい制限が発生する契約内容になっていることも。
競業避止業務
加盟店はフランチャイズ契約中、または契約終了後ある程度の期間は、同業や類似の事業を行ってはならないとする決まり。特に、契約終了後における競業避止業務の期間はいつまで、どこまで可能なのかということが問題になりやすい。
日本フランチャイズチェーン協会(JFA)
1972年に経済産業省(当時は通商産業省)より認可された一般社団法人。フランチャイズと呼ばれるビジネスモデルを、健全に発展させることを目的としている。したがって、理不尽な本部の指示に関する相談、問題行動ばかりを起こす加盟店の相談など、両者からの相談を受け付けている。

フランチャイズに関する基本的なHow Toを用意、講習を開くなど積極的な働きかけもしている。
アウトソーシング
業務を外部に委託すること。
外部委託にはコストがかかるが、人材が確保できない場合に人手不足を解消できることや人件費の削減につながるため、フランチャイズでアウトソーシングを利用するケースは多い。
無店舗ビジネス
店舗を持たずに運営することが可能なビジネスのこと。
ハウスクリーニングは必ずしも店舗が必要ではないため、無店舗ビジネスに該当する。家賃や光熱費などのコストを節約できるという点がメリット。
無店舗ビジネス
本部に加盟している店舗の標準的な収支を指す。
モデル収支はあくまで標準で、そのとおりの収入が得られるとは限らない上に、保証されるものでもない点に注意が必要。
エリアによっても収支は変わり、モデル収支は比較的運営がうまくいっている加盟店を例としているところが多いので、あくまで参考として考えよう。
ランニングコスト
ビジネスを行う上で継続して発生するコスト。
フランチャイズの場合、店舗の家賃や材料の仕入れなどが代表的だが、ハウスクリーニングの場合は移動に使用する自動車の維持費や洗剤など消耗品の経費などが挙げられる。
ビジネスを行う上で継続して発生するコスト
シロッコファン
レンジフードなどの換気扇に使用されることの多いファンを指す。
シロッコファンを回転させて吸い込まれた汚れた空気が、つながっているダクトから外に出る。ダクトを通すことで、屋外のすぐ側以外の場所にも換気機器を設置することができる。
ポリッシャー
床の洗浄やワックスの剥離作業を行う際に使用される清掃機械。
ブラシやバッドなどを用途に合わせて脱着し、磨きや洗浄などの作業を行う。

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング

ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査