ハウスクリーニング独立開業フランチャイズおすすめガイド » フランチャイズ加盟の仕方と選び方 » 資金0円で独立したい!お金をかけずに開業するには?

資金0円で独立したい!お金をかけずに開業するには?

「独立をしたい!でも、お金がない……」なんて、開業資金を準備できないことから独立を諦めてしまっている方のために、開業資金0円から始められる独立方法をご紹介します。

開業資金がないけれど独立したい方、なるべく費用を削って開業をしたいと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも開業資金ってなんのために必要なの?

多くの人は「開業するとしたらいくらかお金がかかるはず……」という認識を持っているはずです。

しかし、なぜ開業に資金が必要なのかを知らない人は多いもの。まだ開業に向けて動き出していない人だと「どうして開業資金が必要なのかを突き詰めて考えたことがない」「会社を設立するとなったら資本金が必要でしょ?」なんて、漠然と資金が必要だと感じているケースがほとんどでしょう。

実は、会社を設立するとしても資本金1円からで設立することができます。そのため、「開業には資金が必要」というのは誤った認識。

ただし、会社を設立するとなると登記など色々な手続きが必要になるため、実際には資本金以外にも少なくとも20万円程度の費用がかかります。ですが、「たったの20万円で起業できるのか!」と感じる人も多いはず。もし「20万円も用意できない!」という方には会社としてではなく、個人事業主として開業する手段もあります。個人事業主として開業する場合には資本金や手続き費用といったお金がかかりませんので、0円で開業することが可能です。

とはいえ、事務所や店舗に使う物件を借りるため、設備や材料を購入するために、広告を掲載するため、人を雇うためなどなど、開業にあたってお金がかかると思われる部分はたくさんありますよね。「0円で個人事業主として開業することはできても、資金なしに活動していくのは難しいでしょ!」と思うはずです。

しかし、方法次第では事務所や店舗に使う物件を借りる必要がなく設備や材料の初期投資が必要なかったり、充分な知名度があり広告を打ちだす必要もなかったり。一人でできることであれば、人を雇う必要もありません。資金をかけずともしっかりとお金を稼げるようになることができます。

特に、「なんでもいいから開業したい」「自分のできることで独立したい」と考えている人であれば資金0で開業できる可能性が高いです。

やりたいことをするためにはどうしても開業資金が必要だという場合でも、まずは資金がなくても可能な方法で開業をして、ある程度資金を蓄えたり人脈を作り上げてから本当にやりたいことを実現するという手もあります。

開業資金の準備が難しい場合には、資金をかけずに開業する方法を知ったうえで、本当に開業資金が必要なのかをじっくりと考えてみることが大切です。

開業資金0円でも始められる方法

方法1:ノマドワーカーから起業する

個人で事業を行う人々のことを「フリーランス」と呼びます。

フリーランスのなかでも、事務所を構えずPCやスマホといった端末ひとつで事業を展開するフリーランスのことを、遊牧民を意味する「ノマド」を取って「ノマドワーカー」と呼びます。このノマドワーカーから起業を目指していくのも、独立の手段として有効です。

最近では、フリーランスに仕事を依頼したい人と仕事を受託したいフリーランスを結びつける「クラウドソーシングサービス」も多く存在し、クラウドソーシングサービスのみで生計を立てるフリーランスも少なくありません。

クラウドソーシングサービスには、データ入力や文章作成など未経験者でもチャレンジできるような案件が多く存在します。PCやスマホ、タブレットさえあればその日から始められる手軽さから、ノマドワーカーとして独立し起業する方法は忙しい主婦や会社員からも人気を集めています。

方法2:ネットショップ開業による起業

通常、飲食・アパレル・雑貨などのショップを開業するためには店舗を構えるための場所代や改装費用、設備導入や在庫発注などさまざまな初期費用が必要なものですよね。

しかし、ネットでショップを開業すれば場所代や改装費用といった初期費用がかからないだけでなく、完全受注販売型にすることで在庫を抱える必要がないケースも。

「実際に店舗を経営したほうがやりがいがありそう……」と考える人も多いですが、ネットショップには初期費用がかからない以外にも、24時間365日販売が可能なため売り上げが伸ばしやすいこと、居住地を問わず世界中の人々が購入可能であること、SNSなどで広告を行えばすぐに集客につながりやすいことなどさまざまな利点があります。

どうしても店舗を経営したい場合にはネットショップである程度資金を作ってから店舗を出店すればいいだけの話ですので、資金を抑えて開業を行いたいときにはネットショップ開業から始めてみてくださいね。

方法3:講師やライターなどスキルを活かす分野で起業

「ノマドワーカーから起業する」に近い方法になりますが、セミナーの講師やコピーライターなど「売れるスキル」を用いてビジネスを行う方法があります。

人脈や経験を持っていないとなかなか仕事を見つけることができない点がデメリットではありますが、ノマドワーカーと同様に事務所や設備を用意する必要がなく、開業費用を抑えられることが魅力です。

スキル次第では1回の講演や1本のライティングで数万~数十万を稼ぐことも可能なため、収入の伸びしろが期待できるメリットもあります。

最初こそはかなり低い単価で仕事を受けていても、実績を積み重ねていくうちにトップクラスの報酬を得られるようになることもあるので、自分の頑張り次第で収入が増えていく喜びを得られる点もメリットでしょう。

方法4:代行ビジネスで起業

近年注目を集めているビジネスモデルのなかに「代行ビジネス」というものが存在します。

代行ビジネスは、家事代行・買い物代行・学生の課題代行・恋人代行など、特別なスキルや経験がなくても行えるようなことを提供するサービスとなっています。本当に誰でもできるようなことであったとしても、「誰かに代行してもらいたい」と考えている人がいれば、それは代行ビジネスとして成り立ちます。

特別なスキルや設備がなくても始められる手軽さから、副業としてアプリやSNSから代行サービスを始めて、それが軌道に乗ったために起業をしたような人も少なくありません。

代行ビジネスは、自分で「こんなことを誰かが代わりにやってくれたら助かるのに」と考えたことが商材につながっていくので、アイディアが出しやすいものです。このことから、代行ビジネスは「起業をしたいけれどできることややりたいことがわからない!」なんて人に特におすすめのビジネスとなっています。

方法5:フランチャイズや代理店で起業

どこかの企業の加盟店として店舗を経営する「フランチャイズ」や企業から商品の販売を業務委託として請け負う「代理店」も資金をかけずに開業を行う方法として人気の高いものです。

フランチャイズや代理店と聞くとコンビニや飲食店を思い浮かべる人が多いはず。ですが、業種は多岐に渡り、やりたいことでビジネスを起こすのが難しいと感じている方でも、フランチャイズや代理店であればやりたいことが叶う可能性があります。

フランチャイズや代理店のなかには始めるにあたって初期費用が必要なものもありますが、初期費用0円から始められるようなものもたくさんあります。

求人募集サイトのように「フランチャイズ・代理店募集サイト」なるものも存在しますので、人脈がない人でも簡単に企業と繋がることが可能。

実際にフランチャイズや代理店の経営を始めてからは、本部が経営に必要なノウハウやフォローを提供してくれるため、未経験でも経営に失敗してしまう可能性が低い点も魅力です。

リスクを減らしたいならフランチャイズがおすすめ

開業資金0円でも始められる方法として5つの方法を紹介しましたが、「少ないリスクで独立をしたい」と考えている人にはフランチャイズがおすすめです。

フランチャイズの場合に得られる「本部からのノウハウやフォロー提供」は、独立につきまとう「きちんと収入が得られるかどうかわからない」というリスクを軽減してくれるからです。

開業費用0円で独立できるのはなぜ?フランチャイズの仕組み

フランチャイズでは店舗を構えて経営を行っていくのに、どうして開業費用0円で独立することができるのか。その疑問を解決するために、フランチャイズの仕組みを解説していきます。

まず、フランチャイズに限らず店舗経営に必要な開業資金には以下のようなものがあります。

  • 店舗費用
  • 必要な道具・設備の費用
  • 宣伝費用

必要最低限の項目ではありますが、上記の資金を用意できなければ店舗の開業は難しいです。

しかし、フランチャイズの場合には既存店舗を引き継ぐために店舗費用が不要だったり、必要な道具や設備を無料でレンタルしてくれたりする場合があります。また、宣伝については本部が一括で行っているために、各店舗が独自に宣伝費用をかける必要がないケースも多いです。

ただし、フランチャイズ本部によっては初期費用が必要だったり、加盟するためには加盟費用が必要だったり。フランチャイズだからといって必ずしも成功するわけではないという点には注意が必要です。

フランチャイズで起業する前に、複数のフランチャイズ本部の説明会や資料請求を行い、しっかりと情報収集をしてから起業をするようにしてくださいね。

独立資金0円で始められるフランチャイズ例

資金0円で始められるフランチャイズには以下のようなものがあります。自分が興味を持てたり、得意だったりするような分野がないかチェックしてみましょう!

フィットネスクラブのフランチャイズA社

フィットネスクラブの商品販売権を得られるフランチャイズ事業を展開しているA社。既存のフィットネスクラブで既存の商品を販売する形のため、費用0でもスタートできる仕組みになっています。

被介護者向け医療マッサージのフランチャイズB社

介護が必要な高齢者向けの医療マッサージ事業を行っているB社では、未経験や異業種の人でもフランチャイズ経営を始められるようなモデルを確立しています。専門的な知識や技術を身につけられる点も嬉しいポイント。

個別指導塾のフランチャイズC社

C社では個別指導塾のフランチャイズ加盟店を募集しており、既存塾を引き継ぐ形や初期費用に関しては低利子の分割払いとし経営後に月々返済していく形で、資金0円のフランチャイズ経営を可能としています。

物産展運営のフランチャイズD社

デパートや量販店の催事場でご当地グルメを販売する物販店のフランチャイズ事業を展開するD社。商品や会場の準備はD社が行うため、オーナーは商品を会場に運んで販売するだけでOK。研修もあって初心者でも安心感を持って始められます。

コンビニのフランチャイズ経営E社

開業時の不安を取り除くための独自インターン制度を導入している大手コンビニE社では、独立時の加盟金がかからないだけでなくフランチャイズ加盟奨励金の支給も行っています。まだ収入を安定させるのが難しい開業初期には非常に助かる制度です。

ネット通販宅配事業のフランチャイズF社

軽貨物運送事業ではオーナーがドライバーとして働くビジネスモデルが多いですが、F社では軽貨物運送事業の経営・運営を行うビジネスモデルになっています。最短10日で開業できるスピード開業システムも魅力。

美容サービスで地域美容を活性化させるフランチャイズG社

G社では、フィットネスクラブで美容商品やサービスをPRする事業のフランチャイズ加盟店を募集。オーナーがネイル・エステ・マッサージなどを扱える場合には、美容商品の紹介と一緒に自身のサービスや店舗を紹介することもできるため、活動の幅を広く持つことが可能です。

1年以下で黒字化を狙える個別指導塾フランチャイズH社

個別指導塾のフランチャイズ加盟店を募集しているH社は、人件費や広告費を削るための工夫を施し黒字化を狙いやすい経営モデルになっています。収益モデルがしっかりと構築されているので、未経験・異業種からの参入ながら1年以下に黒字をあげたオーナーも多数存在するようです。

在庫をそろえる必要がない電気・ガス販売のフランチャイズ経営I社

電気とガスを取り扱うため在庫を抱えずに販売事業を行える点が魅力のI社。店舗を抱えず個人で活動するだけでなく、法人として営業マンや顧客を抱えて活動することもできるため、将来的に会社の設立を考えているような人にもぴったり。

独立資金0円のハウスクリーニングフランチャイズ事例

独立資金0円で開業できる業種のなかでも特におすすめなのが、ハウスクリーニング業界。「人がいるところにおそうじ業務あり」といったように案件数が多いのが特徴です。ここでは、開業資金0円で募集をしているハウスクリーニングフランチャイズ例をご紹介します。同じ業種でも細かな部分が異なるため、それぞれの事例を自分にはどのようなスタイルが合っているかを考えるための参考にしてくださいね。

本部が案件紹介してくれるA社

A社ではBtoBのクリーニングビジネスを行っており、決まった顧客を抱えています。そのため、フランチャイズ加盟店に案件を直接紹介することが可能。フランチャイズ運営で成功のカギとなる「集客」に課題を抱えることなく、スキルも身に着けられます。

見込み客の提供があるB社

B社ではフランチャイズ加盟店に対して見込み客の提供をしているので、新規顧客の開拓がしやすい環境が整っています。新規開拓だけでなく、顧客との良好な関係を築くことでリピーターの獲得を見込め、確かな収益に繋げられます。

2年間の売り上げ保証付きのC社

C社は短期間で独立を目指す人のためのプランと、2年間の売り上げ保証付きでじっくり経営をしていきたい人向けのプランがあります。働き方の自由度が高いので、がっつり稼ぎたい人も自分の時間を大切にしたい人も納得の働き方が叶います。

先輩オーナーからの指導のあるD社

先輩オーナーからの指導があることが特徴のD社。クリーニング作業の知識や技術はもちろんのこと、顧客に対する営業方法などの指導も受けられます。開業前だけでなく、開業後にも先輩オーナーからのサポートを受けられるため未経験でも安心です。

反響営業がメインのE社

個人・法人を問わずにビジネスを展開するE社は、独自の特許技術があるため、リピーターがつきやすいのが特徴。営業を行ったのは開業初期の数ヶ月だけで、そこからは反響営業のみで利益を確保しているというオーナーが多いようです。

1案件の利益率が高いF社

F社は窓ガラスのクリーニングを行っているため、街のいたるところにニーズがある事業となっています。そんなF社の最大の特徴は1案件あたりの利益率が高いことであり、1件で数百万円の利益をあげた実績も。

競合の少ない事業内容のG社

G社はスピードよりも質を重視しており、ハウスクリーニングのなかで競合が少ないビジネスモデルを確立しています。独自のアピールポイントがあるため、毎月安定した収入を得られる点が魅力。質を重視することで、やりがいを強く感じられると評判です。お掃除の際には徹底的にこだわるという方におすすめ。

固定顧客でストレスの少ないH社

固定の顧客を相手に事業を行うH社では、「顧客の層が幅広く、顧客と関わることにストレスを感じる……」なんてことが起こりにくいです。売り上げ保証付きでもありますので、収入が安定しないことに対する不安感もありません。

成功オーナーに会ってから開業を決めるI社

フランチャイズ加盟店に対するさまざまな制度が整っていても、本当に成功できるのか不安に感じる方は多いはず。I社ではそんな不安を取り除くために、成功オーナーに会ってから開業を決める体制を取っています。自分で納得し、安心してから開業できるので精神面の負担が少ないのが特徴です。

土日休みでライフワークバランスバッチリのJ社

フランチャイズ加盟店では土日も営業をするケースが多数ですが、J社は土日休みを選べることも魅力。もちろん土日以外に休みを設定することも可能ですので、自分のライフスタイルに合わせてバランスの取れたワークスタイルを選べます。

土地がなくても店舗経営可能なK社

K社では店舗を構えるスタイルのハウスクリーニング事業を展開しています。自分の土地を有効活用したい人だけでなく、土地を持っていないけど店舗を経営したいという方に向けて商業施設内の出店候補地を紹介。本部からの徹底サポートで競合他社に負けない店舗づくりができます。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査