フランチャイズオーナーの現状

フランチャイズのオーナーってどんな仕事?

フランチャイズのオーナーとはフランチャイジーと加盟契約をして、店舗の事業運営を行う人のことをさします。その為、オーナーの主な仕事は自身の店舗を運営することと事業を拡大させていくことです。

消費者に選ばれやすくなるフランチャイズ

フランチャイズのオーナーになる大きなメリットとして、「消費者に選ばれやすい店が持てる」という点が挙げられます。

ビジネスの売り上げは消費者の選択によって決まるものです。そのため消費者がどのブランドを選ぶか、どうしたら選ばれるかを考えて経営する必要があります。

売り上げを伸ばすには「ブランドへの好感度」、「認知」、「配荷」の三要素が重要であると言われています。フランチャイズは、この三要素の内「ブランドへの好感度」と「認知」をフランチャイザーがある程度やってくれているのです。

オーナーのお仕事はサービスの提供や経営

フランチャイズのオーナーは宣伝活動を積極的におこなわなくても、最初からお店が消費者にある程度認知されており、選択肢のひとつとなった状態から運営をはじめられます。

もちろん、お店周辺への宣伝活動は必要ですが、そこに注ぐ労力は自前で行うよりもはるかに負担が少なく済みます。オーナーは「配荷」、すなわちいかに素早くサービスを消費者へ提供できるかという点に労力を注力することができるのです。

具体的には、在庫や資金の管理業務とフランチャイザーとのやりとり、一人で営業する場合は接客や電話対応、スタッフを雇用する場合には採用面接、新人研修、給与やシフトの管理などがあげられます。

オーナーと店長の違いとは

オーナーと店長の業務内容は違います。

オーナーとは、組織を運営・管理する者、経営者となります。経営者は自社ブランドのサービスを消費者に知ってもらい、使ってもらうために、どのように提供していくかを考える人のことです。

対して、店長とは経営者が決めた方針を円滑に行うために必要な現場監督のことをさします。そのため、店長の仕事はオーナーが指示したサービスを提供するためにスタッフを指導・教育するのが主な仕事となります。

フランチャイズオーナーに向いている人

「経営をしたい」と思っているなら、店長よりオーナーに向いています。しかし、フランチャイズはある程度の制限があります。たとえば、商品の値段や陳列方法などは本部に従わなければいけません。そのため、「すべてを自分の考えているように経営したい」と考えている人がフランチャイズのオーナーになると窮屈な思いをするかもしれません。

オーナーになる年齢はだいたい何歳

フランチャイズオーナーとして開業する年齢層は大体35歳から55歳で、45歳が最も多い割合となります。一方で、20代以下と60台以上は数があまり多くありません。これは20代では資金面や経験面の不足、60代以上では体力面の問題などが考えられます。

若い人がオーナーになりにくい理由

若年層で起業する人が少ない理由には、雇用環境の変化により非正規雇用が増大しており、起業するだけの資金の捻出が難しいという点があげられます。

フランチャイズオーナーが開業する場合、たとえば在宅や無店舗で経営可能なものでも200から300万程度の資金が必要となり、店舗を構える場合だと最低でも1000万以上かかるケースもあります。若い人にとってこれは大きなリスクです。そういったリスクを取らなくなっている人が増えている傾向があるのでしょう。

35~55歳のオーナーが多い理由

一方で、35歳から55歳の人がオーナーとなる割合が多いのは、開業に必要な資金に対して現実的な感覚をもっている、ある程度社会経験を積んだことで自分のライフプランが見えてきているからでしょう。この年齢層から起業となると、前職を持っている人が多いでしょう。

どんな業種のオーナーになる?

前職をもっている人がオーナーになる場合、4つのケースに分けられます。

前職と同じ職種

1つ目は前職と同じ職種で開業するケース。居酒屋の店員がフランチャイズで居酒屋をオープンさせる、あるいは個人経営していた不動産屋がフランチャイズに加盟するなどがあげられます。

前職と関連する職種

2つ目は前職と関連した事業を始めるケースです。蕎麦屋やレストランのコックなど他の飲食経験者がフランチャイズで居酒屋をオープンさせるなどの場合はこれに該当します。

少しでも経験したことがある職種

3つ目はアルバイト経験など過去に多少経験がある場合です。脱サラしてなにかを始めようとするとき、学生時代に居酒屋で何年かバイトしていた記憶から居酒屋に挑戦するケースです。

未経験の職種

4つ目は、まったくの未経験での開業。じつはこのケースでフランチャイズのオーナーを始める例も多いのです。というのも、フランチャイズではフランチャイズ本部から経営ノウハウなどの提供を受けられるので、未経験から始められるからです。

ある程度運営を行う職種の経験はあったほうが、新しく覚える情報は少なく、感覚的に理解も早くなりスムーズに経営しやすいでしょう。しかし、一度経験していたからといってすぐに経営がうまくいくとは限りません。

経験者・未経験者問わず、ノウハウを学びながら始められるフランチャイズなら、過去の成功例に沿いながら安定したお仕事ができるでしょう。

フランチャイズでオーナーになるときの心構え

フランチャイズのオーナーを開業するにあたって、どのような心構えと目標をもてばよいのでしょうか。自分のライフスタイルを見つめ直しながらしっかりと確認していきましょう。

本部のサービスを利用して事業を拡大していく

売り上げを伸ばし利益を上げるのは、あらゆるビジネスにおける根本的な目標のひとつです。この目標を達成するためには顧客に選んでもらう必要があります。

顧客に選んでもらうのに重要な要素は「ブランドへの好感度」「認知」「配荷」の3つです。フランチャイズでは、本部が「商品開発・ブランド力の向上」など、いかに顧客に選んでもらうか・どうしたら顧客に自社ブランドを認知してもらえるかを考えて実行しています。

対して、加盟店のミッションは接客力の向上や教育、コスト削減などをして「自店舗がいかに顧客に選ばれる店」であるかが重要となってきます。

加盟ブランドのサービスを適切なスピードとクオリティで顧客に伝えていく。フランチャイズオーナーはそのことに注力しなければなりません。

本部との繋がりを大切に

フランチャイズは本部でサービスをつくり、加盟店が「発信」していくスタイルがほとんどです。そのため、本部と加盟店の間に強い繋がりがないと事業は上手く進みません。

新商品、新たなノウハウ、経営のアドバイス、これらの情報は本部から入っていきます。その情報を素早く的確に店舗にフィードバックできるか否かで、加盟店の良し悪しが決まるのです。

本部のスーパーバイザーとの人間関係は良好に保つよう心がけましょう。

利益はあとからついてくる

あらゆる事業には投資段階というものがあり、そこで利益があがることは滅多にありません。フランチャイズにも同じことが言えます。いくらノウハウや認知度の高いサービスを最初から使えるからといっても、過度な期待をもつのは危険です。

いくら一流の道具をそろえても腕がなければ美味しい料理は作れません。道具を上手に使えるように腕を磨くのです。

フランチャイズも同じく、サービスをうまくお客さんに届けられるように利用する腕をあげなくてはいけません。あなたのお店のファンをどうしたら増やせるか、丁寧な接客、地元に根付いた提案、考えることやるべきことはいくらでもあるはず。ブランド力があるからと傲らずに、日頃からコツコツやれることをやることが大事だと念頭に置いて行動しましょう。

自分の将来を見据え、じっくりと比較検討をしよう

フランチャイズオーナーとして生計をたてていくことを考えているならば、選択肢はひとつにせず、いくつかの企業を比較して検討するようにしましょう。業務内容、契約内容、将来性をとくによく見ることをおすすめします。

客観的な視点を忘れず、できれば家族なども交えてじっくりと比較検討することです。とくに同業種のフランチャイズを比較するのは大事なので、積極的におこなうようにしましょう。

同時に、自己分析をしっかりと行うことです。たとえば、あなたが得意なのが営業ならば、開拓を自分で行うタイプのフランチャイズを、技術力に自信があるならば、営業の仕組みが整っているフランチャイズを選択するといいでしょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査