フランチャイズ店と直営店の違い

お店を開くとき、既に技術が確立されたブランドの店舗になるのは賢い選択です。しかし、店舗には「フランチャイズ」「チェーン」「直営」といくつか種類があります。

ここでは、3つの違いについて詳しくご紹介。自分にあった店舗の持ち方を見つけてください。

フランチャイズとチェーン店の違い

フランチャイズ店とチェーン店の違いを知るために、まずそれぞれの業態の特徴について知っておきましょう。

フランチャイズ店の業態

フランチャイズ店とは、フランチャイズ本部(フランチャイジー)が独立事業者などと契約を締結し、自社開発商品や事業の商標、経営ノウハウなどの権利を付与して事業を行わせるシステムです。その代わりに一定のロイヤリティを支払ってもらう事業形態となります。

開業後に毎月支払うロイヤリティだけでなく、フランチャイズ加盟時に加盟金と保証金を支払うこともあるので、加盟時には注意しておきましょう。

フランチャイズオーナーの場合は、フランチャイジー本部と雇用契約ではありません。そのため毎月の収入に保証がありません。ただしコンビニなどでは、オーナーの総収入が一定額に達しない場合に、差額を本部が補填してくれる「最低保証制度」もあります。フランチャイズ加盟時にはこのような保証についても確認しましょう。

チェーン店の業態

チェーン店とは同一資本で複数の店舗を展開している事業形態のことを指します。フランチャイズ・チェーン展開に対して、レギュラーチェーンと呼ばれることも。経営方針やサービス内容が統一されており、顧客からすればどこの店舗に行っても同様・同一のサービスを受けられるという安心感があります。

直営店では、店舗責任者である店長は、本部企業に直接雇用されている人がなります。ただし、一部では業務委託契約を本部企業と結んで店長を務めるといった形態も存在しています。

フランチャイズ・チェーンと直営店(レギュラーチェーン)の違い

フランチャイズ・チェーンと直営店の違いは、店舗経費をフランチャイジー本部が負担するかどうか。また店舗で働いている社員が本部に雇われているなら直営店、店舗のオーナーに雇われているなら、フランチャイズとなります。

なぜ2つの業態があるの?

フランチャイジーがフランチャイズ契約を結んで、店舗展開するのは加盟料やロイヤリティ収入のためだけではありません。原材料を大量購入することによって仕入れコストの削減が狙えるメリットがあります。

また店舗を多く出店することによりブランド認知を高め集客効果を上げるといった狙いもあるのです。

【本部から見た】フランチャイズ店・直営・チェーン店のメリット・デメリット

フランチャイズ店

フランチャイザー本部は自前のサービスや店舗を増やして展開していきたいと考えています。しかし、新たな店舗を設置するには人材や資金を用意しなければなりません。この問題を解消するひとつの策がフランチャイズ展開なのです。また普段の店舗経営についてはオーナーに任せられるのもメリット。

ただし、直営店やチェーン店と比べて、統制がとりづらくなり収益も限られてくるのがデメリット。もし加盟店がトラブルを起こした場合、他店舗の信用問題となる可能性があります。たとえば賞味期限切れの食材を使用したり、床に落とした食品を使用したりと衛生問題が発生すると、フランチャイズ店である自分の店舗にも風評被害がやってくるのです。

直営・チェーン店

直営チェーン展開でのメリットは自社の社員で店舗運営をするため、マネジメントしやすいこと。またチェーン全体での統制がとりやすいのもメリットと言えるでしょう。キャンペーンや新サービスの運用なども直営店であれば連携がとりやすく、スムーズに開始させられるのも見逃せません。さらに企業風土をそのまま店舗にも展開でき、店舗での収益がそのまま本部の売り上げへと繋がる点もメリットと言っていいでしょう。

反対に直営展開によるデメリットは、多店舗に渡って展開していこうとすると自社で資金調達や人材採用が必要になる点。資金だけでなく、土地や店舗も自社で確保しなければならないので時間がかかります。また本部が常に店舗経営について指導をしなければならなくなり、教育に人材を取られてしまう問題もあります。フランチャイズ展開に比べて、直営展開は手間が多くかかることを認識しておきましょう。

フランチャイズで独立するメリット・デメリット

次にフランチャイズに加盟する人のメリットについてご紹介します。

フランチャイズ加入のメリット

まず大きなメリットは確立されたビジネスモデルを流用できること。飲食店、小売業問わずある程度の期間経営をしていて、フランチャイズ展開できるほどに成功している実績があるのでビジネスの成功性が高いと言えます。独立を考えている人にとって、ある程度成功が約束されているのは頼もしいことでしょう。

開業までに必要な時間を短縮でき、知名度やブランド力の活用ができるため、ゼロから独立開業するより早めに収入が得られるのも嬉しいメリットです。

ひとりでゼロから起業するには大変な労力が必要となります。たとえば飲食店なら店舗のレイアウト、メニューやサービスの決定、店舗名など多くのことを決めていかなければなりません。このような工数や手間を省くけるのがフランチャイズ加盟するメリットのひとつと言えるでしょう。

また飲食店の場合だと材料などをフランチャイズ本部から安く仕入れることもできるので、事業を継続していきやすいのも嬉しいポイントです。さらに全国展開のチェーン店であれば公式SNSで新店舗オープンの情報を流してもらうことで、出店地域への宣伝となるでしょう。そうなれば既存顧客の来店を期待できます。

フランチャイズ加入のデメリット

フランチャイズへ加盟することによって「自由」が制限されてしまう可能性があります。自分の裁量で経営方針を決め、仕入れ、採用、業務をしていきたいと思っている人にとっては窮屈に感じるかもしれません。大手のフランチャイズ組織に加盟すれば、自由度は小さくなる分、円滑で安定した経営ができる可能性があります。

一方でまだ店舗数が多くない小さな企業のチェーンであれば、加盟店のオーナーに大きな裁量が渡される可能性もあります。しかし経営初心者に裁量を任している分、安定性には欠けるかもしれません。

「ある程度の自由が欲しい」と考えている人は、フランチャイズ加盟をするなら自分がやりたい業種と合わせて、どれぐらいの裁量が自分に与えられるのかをよく調べる必要があるでしょう。開業において、安定性や自由度など優先順位を明確にしておくと、フランチャイズか直営店かをスムーズに選べます。

フランチャイズで独立開業に向いている人の特徴

独立する際に個人で開業するか、フランチャイズに加盟して独立するのかは悩みどころ。フランチャイズにもメリット・デメリットがあります。このことを考慮した上でどんな人がフランチャイズ向けなのか、またどんな人が独立に向いているかを紹介します。

以下の3つの要素があると、スムーズに開業ができると思われています。

  • 人脈が広いこと
  • 常に前向き=プラス思考
  • 知らないことを素直に人に聞ける

多くの人が人脈を重視しているのですが、これはサラリーマンをやっていると感じにくいことでしょう。サラリーマンは会社の看板を借りて仕事をしているので、営業などで人に会えます。しかし独立して個人となったとき、その人の人脈だけが頼りになりますよね。その人脈が顧客になるか取引先になるのかは分かりませんが、つながりがあれば何かあったときにも頼れる人がいるということです。

また好奇心が旺盛だったり、負けず嫌いだったりと性格の面でも独立のスムーズさに差が出てくるようです。確かに独立するには強い精神が必要だと感じている人が多いのかもしれません。

フランチャイズの波が広がっている!

外食をしたときにチェーン店だと「フランチャイズオーナー募集!」の広告を見たことはないでしょうか。有名レストランやカフェ、ラーメン店など飲食店では特にフランチャイズ展開の波が広がっています。

フランチャイズ展開で代表的なのはコンビニエンスストア。街中で見かける大手コンビニ店の多くは、フランチャイズ店なのです。一昔前は夫婦や親子で開業するパターンが多かったのですが、最近では一人でも独立開業ができる制度をフランチャイザー本部が用意しているなどして広く募集をしています。

コンビニエンスストア以外でも大手学習塾チェーンの多くがフランチャイズシステムを導入して、多くの校舎を立ち上げようとしています。他にも近年だと美容・フィットネス関連やマッサージ関連、ハウスクリーンニングサービスなど生活環境に関するサービスがフランチャイズ化の流れがきています。中には驚く業種もあるかもしれませんし、あなたが現在持っているスキルを生かせる職業もフランチャイズ化の流れを受けて独立しやすくなっているかもしれません。転職を考えているなら独立も候補に入れてみてもいいでしょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査