のれん分けとフランチャイズ

のれん分けとフランチャイズの共通点と違いとは?

独立開業を考えたとき、事業アイデアから商売で使う器具や制服・マニュアルのようなものまですべて用意することは容易ではありません。また、独立開業のための技術がちゃんと備わっているか自分自身で確認するのは困難で不安材料にもなってしまいます。そんな人々にとって助け船となるのが「のれん分け」や「フランチャイズ」の利用です。

弟子入りするのがのれん分け、契約するのがフランチャイズ

それぞれの運営企業によって細かな違いはありますが、一般的にのれん分けとは「経営者に弟子入りする形で入社・入店し、経営者の許可を得て独立する。入社・入店にあたっては独立に関する契約を交わさない」。

また、人材採用のキャッチフレーズとして「独立支援」「何年で独立!」などの言葉で正社員・契約社員などを募集するのも、のれん分け制度の一種です。

フランチャイズとは「独立を前提としたもので、加盟に必要な金額や独立後のコミッションまで細かな契約書を交わした上で教育研修などがはじまる」というような違いがあります。

のれん分けとフランチャイズの共通点は技術を学び、さまざまな援助を得られること

のれん分けもフランチャイズも、独立開業を前提とした制度であるのは変わりません。また、ブランド名・看板・宣伝方法・制服・マニュアルなどのサポートを受けられるという点でも共通しています。

独立開業までのプロセス|のれん分けの場合

教育研修というよりは修業の日々!

のれん分けまでのプロセスは、一つの企業に入社・入店するところからはじまります。多くの場合は「教育研修」というよりは「修業」という感覚でとらえられるようです。この場合「独立の意志を明確に示す」ということは必要ではありません。

以前は「内弟子」「丁稚奉公」という言葉に示されるように、仕事を教えてやる替わりに、低賃金や時には無給ということもありましたが、最近は法律で禁じられていて、こうしたケースは激減しています。

その後通常の従業員として働きながら、業務遂行と経営にかかわる知識を得ていくことになります。のれん分けの場合、何年で独立できるか、明確な取り決めがないままにはじまる場合が多く、経営者がOKを出した段階で独立開業が認められることになります。

独立開業が認められる条件となるのは「十分な技術・知識を得た」と経営者が認めるということ。それと同時に開業資金を貯金できたという点が判断基準になるケースも多いようです。

のれん分けのメリットは家族的な付き合いもできること?

これは一概に言えないことですが、のれんの場合は経営者やその家族と精神的な結びつきが強く、家族の一員のように遇される場合も珍しくありません。このため、困ったときに親身になって援助してもらえる点が、のれん分けの大きなメリットといえるでしょう。

このほかにのれん分けのメリットとして、ブランドに高い信頼性を持った顧客を引き継げるケースが多くなっているようです。「○○屋のご主人のお眼鏡にかなった人なら信頼できる」「以前は頼りなかった社員の○○君がこんなに立派になって」と言って訪れてくれる顧客も珍しくはないでしょう。

また、のれん分けをするような企業は古くからのファンに支えられた老舗が多く、その評判やファン層を引き継げるのも大きなメリットと言えます。

のれん分けのデメリットは経営者のキャラに左右されること

一方で、のれん分けのデメリットは、契約書にもとづくものでないため、すべてにおいてアバウトで確定的でない点が挙げられています。また、独立開業の条件が経営者の性格や考え方に大きく左右されるのも、うまくいかない理由の一つになるようです。

このために、親切で優しい人のもとで修行できれば幸福だが、問題がある経営者のところに飛び込んでしまったがために、人生の貴重な数年間を棒に振ってしまうようなトラブルも後を絶ちません。

独立開業までのプロセス/フランチャイズの場合

すべてにおいて契約に従い、きちきちと

フランチャイズの場合には、独立・開業までのプロセスをすべて了解した上で、契約することになります。Webのポータルサイトや独立フェアなどの機会を利用し「ここなら、自分に合っていそうだ」と確認した上で契約することになります。

契約段階で、独立の条件として研修日程、自己資金の金額、借入金に関する規定、売上げにかかるロイヤリティ、フランチャイズ本部からの援助内容(制服、看板、広告宣伝、材料・道具などの支給、マニュアル)、および、そこに必要な金額、禁止事項、契約解除既定などがすべて確認された上で、調印の運びになります。

研修期間は、短いものなら数日で完了する場合もありますが、半月から1月程度が多いようです。なかには、正社員として入社することがフランチャイズとして独立する条件となっていて、数年から十数年かかるようなケースもあるようです。

フランチャイズのメリットは細かいフォロー

フランチャイズのメリットは、なんといっても、ゼロの状態からスタートできる点にあります。その業界にはじめての人材でも、フランチャイザー(企業)が組んだプログラムに従って、順序を追ってトライしていくうちに、独立開業に必要な能力をたたき込んでいく教育研修を多くの企業がアピールしています。

また、商品や材料もフランチャイザーが提供してくれるので、独自に仕入れルートを開発する必要がありません。加工などが必要とされる場合にも、マニュアルが用意されていて、それに従って作業していけば、そのまま商品になる手軽さも見逃せないでしょう。新商品開発なども行ってくれる企業が多く、毎日の業務に専念できるメリットもあります。

フランチャイズのデメリットは、自由がないこと

デメリットとしては「自由度に欠ける」点が挙げられます。コンビニエンスストアの営業時間を短くしようとして、契約解除の危機に瀕したというニュースがありましたが、フランチャイザーとしても、ブランドイメージを守るために、個々の経営者が「やっていい行為」と「やってはいけない行為」をきちきちと決めている企業も多いようです。

たとえば、経営者が素晴らしい新商品・新サービスを思いついたとしても、契約上、それを販売・提供していくのは許されないという場合が多くなっています。また、本部が企画するキャンペーンや戦略商品の目標数字が決められていて、それをクリアしないとペナルティが課せられるような企業もあるようです。契約のために病気でも休めなかった経営者の話もよく聞きます。

もう一つ考えなくてはいけないのは「どんな有望なビジネスも永遠ではない」という点で、10年後20年後には売上げが激減したり、最悪のケースとしてフランチャイズオーナーが倒産したり、事業撤退してフランチャイズの継続が不可能になるトラブルも起こっているようです。

まとめ|のれん分けはロイヤリティが低いことが多いが、トラブルが発生しやすい

のれん分けとフランチャイズ、どちらも独立開業のため、ということでは変わりありませんが、これだけ多くの相違点もあるようです。

一般的に「ブランドに惚れた」「経営者に惚れた」「商品に惚れた」などの情熱を持った一歩を踏み出す場合にはのれん分けが、将来を見据えて比較的安定した生活基盤を求めるときにはフランチャイズが適しているかもしれません。

もう一つ、のれん分けの場合にはロイヤリティがフランチャイズよりは少ない(または、まったくゼロの)場合もあるようです。しかし、契約書を交わさない、交わしたとしても大雑把なものになっているケースの多いのれん分けには、トラブルもまた多いと言われます。

のれん分けもフランチャイズも、多くの人にとって人生を賭けたチャレンジである点は同じです。それだけに、すべての条件を精査した上で、判断をしていきたいものです。

おまけ|レギュラーチェーンとも違います

人材採用ポータルサイトなどを見ているとレギュラーチェーンと呼ばれるものもあるようです。端的に言えば、これらは直営店となります。企業が直接にみずからの正社員・契約社員によって行い、基本的に独立を前提としていない場合がこれに当たります。

雇用の安定性ではのれん分けやフランチャイズ以上かもしれませんが、独立開業をめざす人は、自力で一歩を踏み出すことが求められ、無理に一歩を踏み出そうとすると、いままで勤務していた企業から訴えられるようなケースすらあるので、ご注意ください。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査