スキル無しでも起業できる?

「思い切って独立したい!」考えている人の中には、「スキルなしでも起業はできるの?」という悩みを抱えているかもしれません。ここでは独立にスキルは必要なのか、スキルなしでもできる起業などを紹介していきます。

独立にスキルは必要なし

結論からお伝えすると、独立にスキルは必要ありません。たしかに起業というと人生における大きなイベントの1つで、なかなか踏み出せないという人もいるでしょう。ただ、「独立するための能力が不足しているのではないか」「もう少しスキルアップしてからでも遅くないかもしれない」と尻込みしていては、いつまで経っても起業はできません。

独立に必要なのはスキルよりも勇気です。最初の1歩を踏み出すことで、やっと成果や結果を出すことができるようになります。

勇気を出して飛び込むことが大切

起業を先延ばしにする理由としてたびたび挙げられるのが、スキル不足です。独立を成功させるためのスキルがないというのは、もっともな意見だと感じやすいですが、それは決断の先送り以外の何物でもありません。どんなことでも最初の一歩が肝心であり、起業もまずは思い切って飛び込む必要があります。また、あらかじめ身に付けたスキルが独立後に役立つかと言われると、実はそうでもありません。どのスキルが役立つのか、独立を成功させる能力は実際に独立してからでないと見えてこないのです。

もう1つ勇気が必要な理由として、年齢におけるハードルが挙げられます。起業の失敗は非常に大きなミスだと思われがちですが、若ければ若いほど立て直しも簡単です。早めに独立した人の方が、万が一の事態に陥った時のリカバリーをしやすいでしょう。そのため、「まだ若いから実力がない」と考えず、勇気を出して飛び込んでみてください。

さらに、周囲の声も起業を尻込みする理由になります。家族や友人、同僚などから起業にストップをかけられることで、独立を先延ばしにしてしまう、諦めてしまう人もいるかもしれません。もちろん、家族や身近な人に黙って独立をするのはやめた方が良いでしょう。ただし、会社勤めでもリストラなどのリスクは避けられないことです。また、周囲の人たちは独立に対するデメリットを懸念しているかもしれませんが、独立には確かなメリットがあることも忘れてはいけません。周囲の声に流される人も少なくないため、注意が必要です。

なぜスキルなしでも起業できるのか

豊富なスキルを有していれば、起業後の見通しを立てやすくなるに違いありません。ただ、起業に必要なスキルを全て取得していては時間が足りないです。しかも、基本的に独立に必要なスキルというものは、独立後についてきます。独立前にスキルを身に付けていても、たいして役に立たないことがほとんどでしょう。これは、1度もプールや海に入ったことの無い人が、上手く泳げるように陸上で泳ぎの練習をするようなものです。起業前に書籍などで勉強をしても、会社を興してみない限り実際のことは分かりません。

一方で、起業してから実践に必要なスキルを身に付ける人は、真に必要なスキルのみを吸収できます。どのスキルが必要でどのスキルが不要なのかの区別は、独立してみないと分からないのです。もちろん、新しい仕事をしながらスキルを磨くのは、決して簡単なことではありません。だからこそ、必要な知識や技術が効率的に磨かれていくのです。

とはいえ、起業前に取得していたスキルが無駄になるとも言えないため、スキルを磨くための勉強は短めにしてみましょう。そして、なるべく早く起業し、生きたスキルを身に付けるよう行動するのが最善です。

トライ&エラーで失敗しても大丈夫

起業するにあたり、アイデアをすぐに取り入れてみる、という精神は非常に重要です。足踏みしたり熟考し過ぎる人は、起業向きではありません。正攻法が無い起業は、自分自身で答えを見つけ出す必要があります。時には、周りが不正解だということが正解だったり、綿密な準備を行ったものが的外れなことも十分あり得るでしょう。とりあえず行動してみて、その後に考える。この方が勉強になりますし、実力もついてきます。

ただし、どんな時でも即断・即決・即行動が正しいという訳では無く、たくさんの試行錯誤を繰り返して、ある程度正解が見えてきたら大々的に行動することが重要です。もちろん、この間に多くの失敗があることは覚悟しておかなければなりません。ただし、何の経験も積まずにいきなり大きく勝負に出るのでは無いため、失敗も軽くて済みます。このようにトライ&エラーを繰り返すことで、起業は成功するのです。

スキルなしでもできる起業

ハウスクリーニング

ハウスクリーニングは特別なスキルが必要なく、開業や運営資金が少なくて済みます。もちろん、掃除に対する知識や技術はある程度必要になりますが、仕事をしていくうちに慣れてくるでしょう。しかも、ハウスクリーニングに使用する道具はあまり多く無いため、バイクや普通車があれば問題ありません。エリアを絞れば、交通費やガソリン代などの経費も抑えられます。さらに、ハウスクリーニングで起業している人は老若男女の区別が無く、いつまでも就業できるというメリットもあるのです。

ただし、ハウスクリーニングは、住まいのあらゆる箇所をキレイにしなければなりません。フローリングや水回りの清掃、簡単な片付けであれば特別なスキルは必要ありませんが、エアコンや換気扇、細かい部品がある物などの清掃には、高い技術と豊富な知識が必要です。

また、最近注目を集めている職種であるため、競争率は高めとなっています。顧客を獲得するためには、高い接客スキルや集客力を身に付けたいものです。そのため、業務をこなしながら営業やチラシの作成などを行わなければならないため、かなりの労力を費やす可能性があります。

さらに、注目を集める、集客を増やすためには他業者との差別化が必須です。お客様目線で考えると、信頼性も必要となるでしょう。技術力を証明するためには、全国ハウスクリーニング協会が実施するハウスクリーニング技能検定や、日本ハウスクリーニング協会が研修修了者に付与するハウスクリーニング士の資格を取っておくと良いです。起業前に取得するのも1つの方法ですが、起業後に取得することでより効率的に技術や知識を吸収できます。

しかし、集客面で苦労することは非常に多いため、最初のうちはFCへ加入するのがおすすめです。

アフィリエイト

アフィリエイトは、スキルを必要とせずインターネット環境さえ整っていれば始められる事業です。パソコンを持っていれば初期コストはほぼかからず、実店舗とは異なり在庫を抱えることもありません。一般的なビジネスの場合、開業資金だけで数百万円かかるため、初期コストが低いのは非常に大きなメリットといえます。また、無在庫なので売れ残りも発生せず、倉庫も設置しなくて良いのです。

また、時間を問わずいつでも取り組めるだけでなく、従業員を抱える必要もありません。何時に働いても良いですし、好きな日に休むこともできます。基本的に1人で取り組むビジネスのため、従業員への給与の支払いも不要でしょう。

さらに、1度稼げるサイトを作ってしまえば、軽いメンテナンスだけで自動的に稼げます。サイトが成長してくれれば、収益率90%超えも夢ではありません。

ただし、アフィリエイトは収益化までにそれなりの時間がかかりますし、きちんと稼げるようになるまで半年以上かかることもあります。稼げるようになるためには記事をたくさん書かなければならないため、最初のうちは苦労するでしょう。

また、特定のサイトや広告に頼っていると、広告終了による突然の収入ダウンなどのデメリットも存在します。特定の商品やブランドに絞るのではなく、大きなジャンルで商品やサービスを紹介するのが、リスク分散のポイントとなります。もちろん、人気のある商品やサービスを掲載すれば絶対に収益化できるという訳ではありません。その見極めも重要になるのです。

フリーランス

最近では、自分の得意分野や会社員時代の経験を活かして、フリーランスとして活躍する人が増えています。こちらもアフィリエイトと同じように、自由な時間で働けるのが魅力です。また、会社員の報酬は固定給がほとんどですが、フリーランスは努力した分だけ成果報酬を得られます。また、どのようなサービスを提供するかにもよりますが、起業後にスキルを取得する人が多いです。

一方で、成果報酬はデメリットにもなりかねません。毎月十分な案件を受注できれば問題ありませんが、そうでない場合は収入がゼロになってしまうケースもあるのです。フリーランスとして安定するまでは、どのように生活を成り立たせるのかを考えなければならないでしょう。また、案件を受注するためには、アクティブさも重要となります。待っているだけでは仕事は入りませんので、様々な企業へ営業に行かなければならないことも多々あるのです。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査