フランチャイズおすすめの業種

このページではFC業界の成長期市場と低迷期市場をそれぞれまとめ、その理由と今後の動向について考察します。

フランチャイズビジネス市場を分析!

フランチャイズでの独立開業を考えるのであれば、参入する市場を誤ってはいけません。

独立開業するということは、そこで得た収入が今後のあなたの人生を支えるための軍資金となるのですから。

参入する市場を見誤らないことがまず、あなたの経営者としての資質が問われると言っても過言ではないと思います。

ではフランチャイズビジネス市場を分析してみましょう。今現在、成長期と考えられる市場、低迷期であると考えられる市場はどこなのでしょうか。

成長期と考えられる市場の例

  • リサイクル関連(金券ショップなども含む)
  • リフォーム関連
  • 高齢者福祉関連
  • 家事サポート関連
  • ペット関連

低迷期と考えられる市場の例

  • カラオケ
  • コンビニエンスストア
  • 飲食店
  • 建築・建設
  • 印刷
  • 製造

低迷期と考えられる市場は飽和状態と言っていいと思います。

ノウハウも技術も蓄積した状態で飽和状態になっているということは、後からノコノコ参加したところで、そもそもビジネスとして拡大戦略にのせるのは非常に厳しいということ。

逆に成長期と考えられる市場は、今のところ世の中にはそれほど濃い密度でサービスが出回っていないと言えるでしょう。

つまり適切なノウハウを身に付けてさえいれば、成長・拡大できる確立も高いということ。中でも管理人は、特に住宅リフォーム関連、家事サポート関連、金券ショップ、高齢者福祉関連市場は需要が引き続き高いものと見ています。その核となっているのは「少子高齢化」という私たちが今後突入することが避けられない社会構造にあるのではないでしょうか。

また現在のような経済環境が今後も続くことを想定すると、節約志向やエコロジー志向からリサイクル/リフォーム市場も引き続き市場が拡大していくと予測できると思います。

今おすすめのフランチャイズはハウスクリーニング!

フランチャイズでの起業を成功させるために最も重要なことは、分野の選定であることはおわかりなったかと思います。現在、上り坂の市場、つまり「成長分野・成長業種」を選ぶことが大切なのです。

その成長分野の一つに、最近人気のハウスクリーニングがあります。

最近は共働きの家庭が増えて家事に費やす時間がない方、高齢のために自分で掃除をすることが困難な方、自分で掃除できない場所をきれいにしたいという方などが増え、専門の業者に頼むケースがとても増えています。

今、ハウスクリーニング業は順調に成長している業種です。これからさらに付加価値の高いサービスがでてくる可能性が高く、まだまだ伸びる業種といえるでしょう。

ハウスクリーニングの優位ポイントは?

ハウスクリーニングは、技術力をサービスとして提供しているため、仕入れが不要のお仕事。リサイクル関連や飲食店と違って、在庫を抱える心配がないのが嬉しいですね。

在庫を抱えない仕事の中でも、ハウスクリーニングがとくにおすすめの理由は、準備にかかるコストの低さ。例えば、学習塾やリフォーム関連のフランチャイズは、店舗を用意したり、資格を取得したりと初期投資やコストが莫大です。学習塾のフランチャイズ加盟で必要な資金が700万円なのに対し、ハウスクリーニングは200万円ほどではじめられます。低資金で独立開業できるのがハウスクリーニングの魅力なのです。また、お客さまのお宅にお邪魔してサービスを提供するため、基本的に店舗を持ちません。初期費用だけでなく、店舗改装資金や外装費用などのランニングコストが安いのも優位ポイントと言えるでしょう。

低迷期でも人気のあるフランチャイズを比較

人気で競争率が高いコンビニ

フランチャイズと聞いて誰もが一度は考えるコンビニ。ブランドの力を最大限に受けられる業種で、お客集めをする必要がありません。フランチャイズとしての人気も高く、自然と競争が激しくなっています。

開業資金は500万円ほどで、ロイヤリティは売上総利益に準じて設定されています。売上は月で1,500万円~2,000万円。

コンビニのオーナーになった際、気を付けたいポイントは、アルバイトやパートなどを雇う際にシフト管理や教育をしっかりとすること。24時間営業のコンビニは常に従業員がいなくてはいけません。業務を回せるアルバイト・パートがいないと、オーナー自身が仕事に入ることになり、決まった休みが取りにくくなってしまいます。

開業資金と継続費用がかかる飲食店

飲食店のフランチャイズは、調理だけでなく接客も行なうことが多いため「人と接するのが好き」という方におすすめです。

開業する際には店舗が必要になるので、資金・内外装費・機材費などが開業資金として必要になります。「フランチャイズ・チェーン事業経営実態調査 報告書 平成 20 年3月」によると、こちらで店舗を用意する場合は開業資金が2,233万円、フランチャイザーに店舗を用意してもらう場合は3,280万円がかかるそうです。

飲食店は人気になるほど、人件費・材料費がかかる業種。仕入れを抑えことができれば売上を上げられるのですが、仕入れ先を限定しているフランチャイザーが多いためコスト削減が難しいのが現状です。

成長市場のフランチャイズを開業資金や収益性で比較

収益性は高いが、フリマアプリ等の台頭で低迷しつつあるリサイクル関連

現在アンティークや古着などのブームや、景気の低迷により需要が高まっているリサイクル関連。古着だけでなく、古本・アンティーク雑貨なども幅を広げやすい業界です。流行やニーズに見合ったアイテムを格安で掘り出せれば、収益性も高くなります。

しかし、最近はフリマアプリの市場規模の拡大により、リサイクル関連業者の業績が伸び悩んでいるのだとか。フリマアプリは、売りたい人と買いたい人がアプリを通して売買するシステム。「高く売れる」「手軽に買える」という点で人気が出ています。アプリによって、リサイクル関連業者は物を仕入れにくくなる・買う人が少なくなっているのが現状。ただ、フリマアプリは大量に売るとなると手間がかかってしまう・売る物の専門知識がないと適正な値段が付けられないなどのデメリットがあるので、「良いものを正当な価格で買い取る」というイメージを定着させれば成功できるかもしれません。

需要は高いものの初期費用が気になるリフォーム関連

リフォーム関連のフランチャイズも、現在人気が高まっています。少子化、高齢化が進み、空家問題が深刻になっている今、既にある住宅をリフォームして住みたいという考えが浸透してきているためです。新築を建てるよりもリフォームの方が費用を抑えることが可能という点でも、リフォーム店は人気があります。

しかし、リフォーム関連のフランチャイズで開業するには、ある程度の知識が必要になります。必要があれば資料を買って勉強したり、資格を取る必要もあるでしょう。そのために時間もかかってしまいますね。

人件費、材料費など、何かとコストがかかるのもリフォーム関連のデメリットです。

今後ますます需要が高まる高齢者福祉関連

日本は高齢化の真っ只中です。そのため、高齢者福祉関連のフランチャイズで開業することは賢い選択といえるでしょう。訪問介護、入浴サービスなど、高齢者の自宅に伺ってサービスを行う事業を選択すれば家賃や光熱費などを節約することもできますね。

メリットが多い高齢者福祉関連のフランチャイズ開業ですが、やはり同じことを考えている方は多く、競争率が激しいことが懸念されます。値下げ競争に巻き込まれてしまうと、収益性も気になりますね。また、介護に関する知識も必要。費用はあまりかからないものの、時間や体力について考えておく必要があるでしょう。

近年注目されてきた配食サービス

高齢社会になっていく世の中で、需要が高くなると考えられるのが配食サービス。家事が苦手な高齢者の自宅へ、お弁当を届ける配送のお仕事です。

フランチャイズに加盟すれば調理済みのお弁当を仕入れるので、自分で作る必要はありません。調理スペースや食材を揃える必要がないため、初期費用が抑えられるのも人気のポイント。

開業資金は50万円~300万円と低めなのも配食サービスの特徴です。収益は1日75食配送すると考えると、月で30万円程度稼げます。

しかし、近年注目されている業種なので、高齢者福祉関連と同じく競争率が高いことが懸念点。また売上規模が80万円~と少ないため、長期的な営業活動が必要になります。

人気が高まるものの収益性が気になる家事サポート関連

人気ドラマで取り上げられたことでも注目を集めている家事サポート関連。以前から共働きの家庭に人気がありましたが、今後もますます需要が高まることが予想されます。

家事サポートサービスは、仕事や病気などで家事をできない方のために代わって掃除や洗濯、料理などをするもの。日頃から家事をしている方なら最初に準備する必要もなく、スムーズに開業することができるでしょう。料理の場合は栄養バランスなどの知識を備えておくことも重要ですね。

しかし家事サポートサービスは需要が高まる一方で、料金が安くなりつつあることを気にしておかなければなりません。

こうした背景には、家事サポートサービスのクラウドソーシング化や、外国人スタッフの雇用などがあります。クラウドソーシング化によって、従来のサービスに必要不可欠だった営業・オペレーター・スタッフなどを省くことで人件費をコストダウン。在籍スタッフもネット上で集められており、募集を呼びかける手間も省かれています。また外国人スタッフを採用することで、人件費を安くできます。国にもよりますが、母国の通貨より日本円の方が価値が高いことが多いため、日本人労働者よりコストをかけずに雇えるのです。他にも、テレビ・新聞での広告より効率の良いネット広告を出すことで、家事サポートサービスをより安価で提供しています。

知名度が上がり、家事サポートサービスはお金持ちが使うものというイメージが払拭されつつある今、一般家庭でも利用できる料金に設定しなければ生き残ることはできません。

最初に見込んだ額よりあまり稼げなかった…という事態になることも予想しておきましょう。

低リスクだが専門知識を要するペット関連

日本全国でのペットの飼育数は、犬と猫を合わせると2,500万頭。なんと15歳以下の人の数をはるかに上回っています。そのため、世の中の景気に影響を受けにくく、ペットビジネス市場は堅調に成長しているのだとか。ペットシッターサービスやペットフード、生活ケア用品、トリマーなどペット関連のフランチャイズはさまざまです。低資金で開業できる業種が多いため、リスクをかけずに経営ができます。努力次第で利益も多く得られるでしょう。

ただし、ペットの専門知識・資格が大変重要になるのが懸念点。ペット業界のことがわからない人が安易に手を出すと、失敗してしまう恐れも。そのためペット関連で開業したい方は、資料を買って勉強する必要があります。自営業よりフランチャイズに加盟し、ノウハウを学んでから開業すると良いでしょう。研修で資格を得られたり、技術を磨いてくれたりするフランチャイザーであるか確認するのも大切です。

初期費用もかからず収益性も高いハウスクリーニング

店舗がないから開業資金は少なめ

ハウスクリーニングは、店舗が不要なので初期費用をかけずに営業できる業種。他フランチャイズの開業資金は、300万円~1500万円、対してハウスクリーニングは開業資金200万円と比較的安く開業できます。

運転資金も他フランチャイズより安い

他フランチャイズの運転資金は200万円~500万円ほどですが、ハウスクリーニングは100万円ほど。ランニングコストが低いのが特徴です。お掃除技術という形のないスキルが商品なので、自宅にあるような掃除機やブラシを活用でき、必要とするのは洗剤やスポンジなど安価な消耗品ばかり。店舗を構える必要もないので、家賃や改装資金などもいりません。荷物を運んで移動するため、車やバイクが必要になりますが、すでにお持ちの方なら問題ないでしょう。特別な資格も必要ないため、やる気とお掃除の技術さえあれば、誰でも開業できます。

加盟店同士で支えあえる

飲食店やコンビニエンスストアなどの他フランチャイズチェーンではありえないのですが、ハウスクリーニングは加盟店同士で連携して業務に取り組むことも。加盟店同士でお客さんを取り合うという意識はなく、むしろ助け合うという気持ちが大きいそうです。お掃除のノウハウや技術だけでなく、運営方法に関しても良いものは共有しあうという、他業者フランチャイズでは見られないところもハウスクリーニングフランチャイズの良い所です。

社会的にも需要が増加!

ハウスクリーニングは現代の社会的背景により需要が増加しており、収益性が高い業界です。例えば、日本は超高齢社会と言われています。高齢者は、今までできていた階段を上る・しゃがみこむなどのアクションがしにくくなり、掃除が億劫になってしまうことがほとんど。家庭内の掃除が行き届かなくなっていきます。少子化の問題もあり、子どもが親・祖父母の家を掃除するということも難しくなってきているのが現状です。また、賃金減少や女性の社会進出によって共働きの家庭が増え、掃除を担う人が少なくなってきています。ハウスクリーニングの需要が増えているのには、こうした社会的な背景があるようです。

このように、初期費用やランニングコストなどの投資が少なく、需要が増加している今、ハウスクリーニングは収益性の高い業界だと言えます。加盟店同士の競争も少ないため、フランチャイズ開業をするなら最もおすすめです。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング

ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査