フランチャイズのメリット、デメリット

このページでは、フランチャイズビジネスでのメリット・デメリットやフランチャイズ加盟が向く人・不向きな人について考察しています。

フランチャイズのメリットは?

自分でも開業できるのにどうしてフランチャイズが良いのか、その理由をチェックしていきましょう。

ノウハウを教えてくれるから未経験でも参入しやすい!

フランチャイズは、技術や営業のノウハウをサポートしてくれるので、未経験者の職種でも参入しやすく、経営者になりやすいと言えます。

もしフランチャイズに加盟しないで店舗を運営する場合は、まずはその職種に関する知識や経営の下積みが必要です。経営に関しては、仕入れ・接客・広告など様々なことを学ぶところから始めなくてはいけません。一方、フランチャイズに加盟した場合は、職種の業務や経営経験がなくとも、仕入れ先・接客の仕方などをフランチャイザーから学べるので、未経験者でも経営をスタートしやすいです。成功しやすいノウハウや過去の失敗談など、フランチャイズ加盟店の実績から活用できるので、より成功しやすいはずです。

本部のブランド力を活かして、リピーター・新規顧客ゲット

フランチャイズの一番のメリットは、フランチャイズ本部が既に世の中に発信しているブランド力を活かせる点。フランチャイズのブランドイメージは信頼感に繋がり、リピーターや新規顧客を得やすいです。素晴らしいノウハウ・技術を持っていても、利用者が知っていない・信頼がないと依頼されません。フランチャイズへ加盟せずに自分で開業するとなると、知ってもらうために宣伝広告費がかかり、収益性が低くなってしまうこともあるそうです。

集客の一端を本部がやってくれる

店舗運営で重要になるのが集客。どんなに職種のスキルを磨いていても、利用してくれる人がいなければ経営できません。自分で店舗を持つとなると、集客方法を学ぶために時間を費やしたり、広告費としてお金をかけたりしなければいけないのが一般的です。

フランチャイズの場合、テレビCMや新聞広告などは本部の仕事。プロの宣伝広告の効果を加盟店が受けられるのです。また、本部から加盟店への集客サポートもあり、自営業より集客の心配が少ないでしょう。

開業資金が抑えられる

店舗を開業するためには資金が必要です。会社員からの独立・開業は、実績がない状態なので、銀行からの融資を受けにくく、資金調達が難しくなります。フランチャイズに加盟していると、過去の加盟店の実績があるため、金融機関からの信用を得やすく、資金調達がしやすい傾向にあります。また開業時の建物・設備などは、本部が負担するプランもあるため、通常1,000万円以上かかる開業資金を、300~500万円と抑えることができます。

経費や仕入れのコストを抑えられるケースも

商品や備品を仕入れる際、フランチャイズに加盟せずに独立する場合と比べると、コストを抑えられることが多くあります。フランチャイズ本部は全店舗の商品・備品を一気に仕入れているため、ゼロから仕入れ先を探して購入するよりも、手間・価格のコストがかかりません。フランチャイザーがメーカーと提携していることもあり、自分で開業するよりも仕入れの費用が小さくなります。

ハウスクリーニングFCのサポート例

未経験者でも開業しやすいと言われるハウスクリーニングFCにはどのようなサポートがあるのでしょうか。一般的なサポート体制を見てみると、独立前にお掃除のスキル・営業ノウハウについての研修を実施、素人でも開業できるようにサポートしているようです。

FCで行なわれているサポート例は以下のようになっています。

  • 開業前に研修を設け、掃除実技・営業マナー・サービスの仕方などを学ぶ
  • 本部のスタッフが営業に同行して、営業面のサポート
  • 本部のスタッフがお掃除現場に同行して技術面のサポート
  • 店舗に必要な備品の調達支援
  • 全店舗対象の定期研修
  • 必要な店舗に個別指導
  • 本部による顧客紹介

開業前には研修

ほとんどのフランチャイザーで、開業前の研修があります。フランチャイズ本部でも一定の技術を持っていないと、加盟店として運営を任せられないということで、研修に力を入れているところが多いようです。研修では一般的に洗剤・資機材の基礎知識やお掃除の実技、お客様のお宅でのマナー、営業のノウハウを学べます。一から教えてくれるので「経営は未経験」「もっと効率よくお掃除したい」という方でも参入しやすいですね。定期的な研修を実施しているFCでは、技術を一定に保つこともできます。

開業してからも安心できるサポート体制

本部のスタッフが現場・営業に同行して実務のサポートをしてくれるので、研修だけでは不安という方や、初めての現場作業や営業は緊張するという方にもおすすめ。研修で実務をさせてくれる会社もありますが、開業後にひとりで作業・営業をすると、思ってもみなかったトラブルが発生することもあります。実際に開業してから気づく点も多いので、現場・営業の同行サポートは重要です。

本部による顧客紹介があるFCも。営業や集客に自信がない方には嬉しいサポートですね。

サポート内容を確認した方が良い理由

研修が1年間 のところもあれば、6日間だけのところもあり、会社によってサポート体制は大きく異なります。マンツーマンでの研修や、開業後の相談を24時間受け付けしているFCもあるので、不安な人はサポート体制が整った会社を選ぶと良いでしょう。ただし、サポートに対しては料金が発生する場合もあるので、フランチャイズ開業をお考えの方はしっかりとチェックしましょう。

フランチャイズのデメリットは?

未経験でも参入しやすく、経費が安いフランチャイズですが、デメリットも存在します。

ロイヤリティを支払う場合がある

ロイヤリティとはフランチャイズの名前使用料のようなもの。個人で経営していれば、サービス提供により得た報酬はすべて自分の売上げになりますが、フランチャイズに加入しているとロイヤリティを支払うことになります。毎月支払う必要があるため、売り上げが低迷している時には厳しいものとなるでしょう。ロイヤリティはフランチャイズによって設定している価格が違うため、適切だと思える値段設定をしている会社を選ぶことが重要です。

ブランドイメージ低下のリスク

フランチャイズビジネスは、加盟するフランチャイズのブランドを活用している事業のため、加盟したブランドのイメージが何らかの原因で低下してしまうと、自分の店舗にも強く影響します。例えば、加盟店の従業員がSNSに投稿した画像が炎上すれば、ブランドのイメージダウン。たった1店舗の不祥事で、加盟店全体がマイナスのダメージを被るのです。

しかし、加盟店のポジティブなアクションが広まり、ブランドイメージが向上すれば、全店舗にその影響が及ぶので、悪いことばかりだとは言えません。

運営方法、仕入れ先が制限されているため、オリジナリティが出せない

フランチャイズは、ブランドイメージの保守・経営効率化のため、運営方法・取り扱い商品・サービスなどを制限。本部の経営方針に従わなくてはならないため、他店舗との差別化を図れないというデメリットがあります。自分のアイデアを自由に活かして店舗経営をしたいという方には窮屈になってしまうでしょう。運営システムや仕入れ方などに不満があると、働くモチベーションも下がってしまいます。創意工夫を凝らした店舗を持ちたい方や、運営システムが合わないという方には向いていません。

競合避止義務や契約期間等の制限がある

ほとんどのフランチャイズには競合避止義務があり、契約が終了したあと、同業種での営業を禁止しています。これはフランチャイズ本部の技術流出を防ぐためのもの。また契約期間があるため、何らかの事情で、契約途中で店舗を閉じなければならない場合、違約金を支払うこともあります。

フランチャイズ加盟が向く人と不向きな人

起業には2つのタイプがあります。

1つはフランチャイズのように「既に成功しているビジネスパッケージにお金を払って起業する」方法と、「自分の経験やアイデアからから立案して起業する」方法です。

フランチャイズの場合は、過去の加盟店成功の結果や検証から、立地、料金、ユニフォーム、営業方法などのノウハウがビジネスパッケージとして構築され、目標に向けたレールが敷かれているので成功する確率が高いです。

自分ひとりで考えて起業する場合は、自分の思い通りにできる反面、失敗する確率も高いといえます。

フランチャイズでの開業に向いている人

敷かれたレールに乗れる人

目標に向けて敷かれたレールに乗ることが楽しい人はフランチャイズでの開業に向いていると言えるでしょう。フランチャイズ本部が提案するパッケージは、今までの成功例をもとにつくられています。このパッケージを落とし込み、自分ができることを行動に移せる人は、最短ルートで成功できるはずです。

ルールの中で試行錯誤できる人

ブランドイメージを保持するために、様々な制約があるフランチャイズビジネス。ルールの中で試行錯誤ができる人なら、フランチャイズで成功しやすいと言えます。フランチャイズでは基本的に本部が提供するパッケージをもとに店舗を運営しますが、本部に頼ってばかりだとうまくいかないこともしばしば。ブランドイメージを守りながら、地域や環境によって柔軟に対応できれば、儲かる可能性は高まるでしょう。

本部を信頼できる人

本部を信頼できる人もフランチャイズでの開業に向いていると言えます。フランチャイズに加盟すると、本部から提供されるノウハウをもとに事業を展開します。そのため、フランチャイズで成功するには本部を信じることが前提。「このノウハウは儲かるのか?」「実は店舗主から金をとりたいだけなのでは」と疑ってばかりいると、本部との関係がうまくいかず、店舗の運営にも悪い影響を及ぼします。

フランチャイズでの開業に不向きな人

自分の道を進む人

フランチャイズに向いていないのは、本部の用意したレールの上を走れない人です。自分でこうすればもっと顧客が増える!と考えて、本部のパッケージやアドバイスを聞き入れない方は、成功しづらく、本部も協力してくれないでしょう。自分の道を作る行動力のある人は、フランチャイズに加盟せずに独自で開業したほうがが良さそうです。

本部に頼りっきりの人

本部に頼りっきりで試行錯誤ができない人は、事業を継続するのは難しく、開業に向いていないでしょう。フランチャイズはサポートやパッケージがあるものの、店を切り盛りするのは個人事業主です。レールの上を走るのが楽しいという人であっても、全て本部頼みという人は独立開業で成功するのは難しいと言えます。

本部を信じられない人

疑い深い人はフランチャイズで成功するのは難しいでしょう。フランチャイズビジネスは、本部が業界で培ってきた経験をもとに、有益なノウハウを提供しています。そのため、信頼関係が成功のカギ。本部のやり方を疑い、提案されたパッケージ・アドバイスを受け入れられない人には向いていないでしょう。

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング

ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査