フランチャイズのメリット、デメリット

このページでは、フランチャイズビジネスでのメリット・デメリットやフランチャイズ加盟が向く人・不向きな人について考察しています。

フランチャイズのメリットは?

フランチャイズビジネスのメリットはどこにあるのでしょうか。

なんといっても、フランチャイズ本部が既に世の中に発信しているブランド力を活用することが出来る点が大きいでしょう。

同じ程度のノウハウや技術があるとしても、広報宣伝力を持ち、また世の中に既に知られた存在になっているものがあるとすれば、人間の心理としてそちらを信用したいと思うものですから。

次にフランチャイズ本部が開発した新商品および新技術を活用することができること、その開発を行うための費用投資をしなくていい分、加盟店であれば事業活動にのみ注力することができる点があります。全くの素人であっても、 ノウハウや技術供与を受けることができることも大きなメリットとして挙げられます。

フランチャイズのデメリットは?

逆にフランチャイズでビジネスを展開するデメリットを挙げてみましょう。

フランチャイズビジネスはあくまで加盟するフランチャイズのブランドを活用しての事業展開のため、その店舗ならではのオリジナリティが出せない(差別化を図れない)というデメリットがあることは否めません。

また、例えば別エリアで受けた批判を、そのまま同ブランドとして同じように考えられてしまうことも可能性論としてはありえます。

さらに、個人で経営していれば、サービス提供により得た報酬は全て売上げとして計上することができますが、フランチャイズ加盟をしているとロイヤリティとしてフランチャイズ本部に納めなければなりません。

これは売上げが芳しくない時にも適用されるものですから、フランチャイズ契約を締結する際にその金額が一体いくらなのか、しっかりと確認する必要があります。

フランチャイズ加盟が向く人と不向きな人

起業には2つのタイプがあります。

1つはフランチャイズのように「既に成功しているビジネスパッケージにお金を払って起業する」方法と、「自分の経験やアイデアからから立案して起業する」方法です。

フランチャイズの場合は、過去の加盟店成功の結果や検証から、立地、料金、ユニフォーム、営業方法などのノウハウがビジネスパッケージとして構築され、目標に向けたレールが敷かれているので成功する確率が高いです。

自分ひとりで考えて起業する場合は、自分の思い通りにできる反面、失敗する確率も高いといえます。

フランチャイズに向く人は、目標に向けて敷かれたレールに乗り、ルールに沿ってきちんと活動できる人です。

どんなに指導しても自分勝手な活動を行い、本部に苦情や要望ばかり言うような方はフランチャイズには不向きです。

フランチャイズの最大のメリットは「ノウハウとサポートの提供」。 たとえ素人であっても、ルールを守りさえすれば事業に成功できるのです!

とはいえ、開業後の集客サポートは加盟先フランチャイズで差があるので、十分に調査してから選ぶようにしましょう。