フランチャイズで独立!成功した男女の事例を紹介

働く時間や条件に融通が利くことから、沢山の方が会社を辞めてフランチャイズで起業し、成功しています。

そこで、ここではフランチャイズで成功した男女の事例をいくつかご紹介します。

1.アパレル企業から独立!コンビニを起業した事例

流行の波が激しいアパレル企業に勤めていたある男性は、フランチャイズのコンビニ起業について知り、思い切ってコンビニで起業することを決意しました。

起業の決め手になったのは、「アパレル企業よりも安定していて、長く続けられる」と思ったこと。

実際に始めてみたところ、研修制度が充実しており、レジ打ちや端末の使い方も比較的短時間で覚えることができたと語っています。

同じようにコンビニでフランチャイズ起業したオーナーの方と接し、情報や意見交換などができることもフランチャイズならではの魅力だそうです。

2.独立してパソコン教室を起業!大成功した事例

独立するにあたり、コストがからず、流行り廃りのない業種で利益率も高いビジネスを探していたある男性。そして、その条件にぴったり当てはまる「フランチャイズのパソコン教室」を見つけ、起業を決意しました。

初期投資も400万円台と予想していたよりも安く、起業からわずか3か月で入会した生徒さんが40名以上になり、経営もスムーズに軌道に乗りました。 規模はそれ程大きくないものの、毎月10名以上の生徒さんの入会があり、2号店の開業も計画しているそうです。

またフランチャイズの大きな魅力である「本部の教育システム」も充実していたため、パソコンの専門知識や経営について学び、起業にあたり必要な情報やアドバイスを得ることができた、と語っています。

フランチャイズビジネスが軌道に乗った今、休日もしっかり取れて家族と過ごす時間が増えた、と喜びの声をあげています。

3.技術を身につけて靴の修繕店を起業した事例

子どもがある程度成長して教育費の心配がなくなったこと、以前勤めていた会社のプロジェクトがひと段落したことを機に、50代で起業したある男性。以前から「手に職をつけてお客様と直接関われる仕事」がしたいと思っていた男性は、フランチャイズで靴の修繕店を起業しました。

研修を通して手に職をつけることができ、日々テクニックを磨きながら仕事に携わることができるため、とても満足しているそうです。

4.利益が手元に残る!買取ビジネスを起業した事例

サラリーマン時代、営業担当だったある男性は、いくら契約を取っても自分の稼ぎはほとんど変わらないことに疑問を感じていました。

そして、自分の好きなブランド品に関わることができる「買取ビジネス」をフランチャイズで起業することにしました。本部の研修では集客や経営について学べた上、目利きのテクニックを身につけることができたことは、フランチャイズの大きなメリットだったと語っています。

また、本部の持つブランド力によって男性のお店にも今では沢山の顧客がついており、フランチャイズならではの強さも実感しているそうです。

5.キャリアウーマンを辞めてビルメンテナンスを起業した事例

キャリアウーマンをしていたある女性は、「定年してからもできる仕事がしたい」と、40代でフランチャイズのビルメンテナンス業務を始めました。 売上保証もあり、顧客紹介制度があったので営業する必要もなく、安心して起業できたと語っています。

自分のペースで顧客を増やしながら、働く時間を自由に選べるところが「フランチャイズのビルメンテナンス業務」の魅力。今では、午前中働くだけで月に35万の利益を上げているほどだとか。

ビルメンテナンスについては覚えることが沢山あり、企業当時は大変ではあったものの、本部の対応が丁寧で分からないことは何でもすぐに質問できたそうです。フランチャイズで起業するメリットがここでも感じられますね。

6.事務員を辞めて独立!運送業で起業した女性の事例

事務員をしていたある女性は「安定した仕事よりも自分の好きなことで、パートよりも稼ぎが良い仕事をしたい」という思いから独立、起業しました。

その後、その女性は20年もフランチャイズの運送業を続けています。もともと運転が好きだったこと、初期費用は車と諸経費合わせても100万円ちょっとしかからなかったことから、起業に抵抗感はなかったそうです。

運送業をしている女性はまだまだ少ないですが、だからこそニーズがあり、今ではその女性にも沢山の顧客がついています。

フランチャイズによる企業には、リスクやデメリットが全くない訳ではありません。

しかし、多くの方がフランチャイズで起業し、成功なさっています。 あなたも、これを機会に最初の一歩を踏み出してみませんか?

7.塾経営を成功させて第二の人生を満喫している男性の事例

34年間、高校教師として生徒の教育に熱心に取り組んできた男性。しかし、50歳を過ぎて「長時間労働のキツさ」を実感し、早期退職を決意したそうです。それでも、50代はまだまだ若い。男性が第二の人生に選んだのが塾経営でした。

男性は経営のノウハウを学ぶため大手塾のフランチャイズに加盟。開業資金1,000万円を用意し、子ども1人ひとりと真摯に向き合える個別指導塾の経営をはじめたそうです。

開校後はフランチャイズ本部のサポートのもと、塾の認知度を高めるための講演を行ない、着実に生徒数を伸ばしてきました。スタート当初の生徒数はわずか12名でしたが、現在では2校目を開校できるほど順調に成長。授業は雇用している18人の講師に任せ、男性は教室運営をメインに担っています。

高校教師を勤めていた頃より自分の時間が持てるようになり、休日は近隣中学校のバスケ部の指導を行なっているのだとか。「昔も今も、やりたいことをやっている」と語る男性は、第二の人生を満喫しているようでした。(福岡友泉教室/福岡別府教室)

8.少額投資で結婚相談所を開業!天職を見つけた女性の事例

「一生働けるほど、やりがいのある仕事がしたい」と考えていた女性が惹かれたのは、結婚相談所の経営でした。「昔から相談を受けることが多かった」という彼女にとって、まさに天職。旦那さんからもお墨付きをもらい、迷うことなく開業を決意しました。

彼女は本部が開催する研修会や定例会に参加し、先輩オーナーと出会って運営ノウハウを吸収。成功談も失敗事例も包み隠さず話してくれるおかげで、多くの学びを得られたそうです。

現在の会員数は40名に達しました。平均して4~5か月で成婚に至るとのこと。旦那さんをはじめとする家族の協力もあり、「女性目線・男性目線・夫婦目線、さまざまな視点からアドバイスできるのが私たちの強みです」と語っています。

開業にかかった費用は加盟金150万円のみ。現在はスマートフォンさえあれば仕事ができるため、不要な経費もかからないのだとか。少額の投資費用で成功した独立事例と言えるでしょう。(Will Marry)

9.開業準備資金500万円で不動産事業を起業・成功させた事例

日本の不動産業界では珍しい物件販売システム「エージェント制」の先駆者になるべく、男性は不動産フランチャイズに加盟し、新たな事業をスタートしました。起業後は部署時の責任者として、エージェントの教育・指導を行なっているそうです。

フランチャイズに加盟する魅力は低リスクで不動産事業を始められること、と話す男性。不動産事業の立ち上げには数千万円もの費用がかりますが、男性の場合は加盟金や不動産業免許の取得、運転資金など合わせて500万円で済んだそうです。さらにオフィスをシェアすることで事務所賃貸料を節約し、月々のランニングコストも抑えられています。

また、フランチャイズ本部が提供するエージェント採用・研修サポートも受けているとのこと。事業立ち上げが成功した一つの要因は、本部の手厚いサポートにあると言って過言ではありません。男性は「手堅く不動産事業を始めたいなら、フランチャイズへの加盟がおすすめです」と語っています。(近藤プロパティ株式会社 大阪支店)

10.運転代行開業間近!経験を活かして起業を目指す男性の事例

長年ドライバーとして勤めてきた男性は、その経験を活かせる運転代行・送迎サービスのフランチャイズに加盟しました。委託されるのは法人相手の仕事です。「海外企業の慰安旅行の送迎やメディアの取材送迎など、内容は多種多様でした」と話す男性。ドラマのワンシーンで使用されるゴミ収集車の運転も行なったのだとか。

男性は現在、独立開業の準備を行なっています。自動車運転代行業の認可を取得するにあたり、50ページもの資料を本部が作成してくれたとのこと。また、並行して業務を委託してもらうことで仕事の流れや顧客対応も学んでいます。これだけのバックアップ体制が整えられているのは、フランチャイズだからこそと言えるでしょう。

開業後は社員の雇用も視野に入れており、将来はオーナーとしてビジネスに専念したいと夢を語ってくれました。(ドライバーズ埼玉 川越支店)

11.1日300食を売り上げる宅配弁当サービスを起業した事例

育児に手がかからなくなったことをキッカケに起業を志した女性。結婚後、専業主婦として家族を支え続けた彼女が選んだのは、高齢者向けの宅配弁当事業フランチャイズです。

開業直後は右も左も分からない状態でした。それでも、経営も営業もすべて自分が主体でやらなくてはならず、1~2か月はとても苦労したそう。乗り越えられたのは家族の理解とサポートがあったおかげだと、彼女は語っています。

事業は徐々に軌道に乗り始め、当初は1日10件程度しかなかった注文も今では300件に達するほどに成長。販売エリアの拡大に伴い、スタッフも23名雇用しています。

現在の販売エリアは奈良市・大和郡山市・生駒市。もっと多くのお客様にまごころ込めたお弁当を届けるため、さらなるエリア拡大に尽力していくそうです。(まごころ弁当 奈良中央店)

フランチャイズによる起業・独立は、決してリスクやデメリットがないわけではありません。しかし、ここで紹介した事例のように、たくさんの人がフランチャイズで起業・独立して成功しています。

成功の要因として多く見られたのは本部の手厚いサポートでした。サポート体制が整えられた、きちんと稼げるフランチャイズを選んで加盟すれば、起業・独立の成功率はぐっと上がるのです。

あなたも、これを機会に最初の一歩を踏み出してみませんか?

開業を成功させるポイント!

フランチャイズ開業で成功してきた人たちは、どうして成功できたのでしょうか?成功させるためのポイントについて紹介していきます。

せっかく独立をするのだから自分がやりたい仕事を始めたい!そう考える人は少なくありません。しかし、起業をするときにもっとも慎重にならなければいけないのは事業が継続していけるかどうかということ。また開業成功率が高い仕事を選ぶべきでしょう。

起業をするときは自分の興味・関心があり、なおかつ開業成功率が高い仕事を選ばなくてはなりません。では、どんな仕事だと成功率が高いのかが気になりますよね。

自分に合った業種を選ぶ

成功しやすい事業の特徴として、今までの自分のキャリアに合った業種を選ぶことです。たとえばIT業界に長年身を置いていたならば、その知識と経験を生かしシステム開発やITサービスを展開していくといいでしょう。

ただし、無理に自分の今までのキャリアや前職の業種に合わせる必要もありません。飲食店での業務経験はないけれどもカフェを出したいと思っているならばフランチャイズ制度を利用するとイイでしょう。フランチャイズ加盟をすれば、経営ノウハウや材料やメニューの支援などを受けることができます。また人材採用や広告についてもフランチャイズ本部の協力を得られるでしょう。

ストックビジネスで考えてみる

ストックビジネスにすると収益に安定が期待できるでしょう。ストックビジネスとは自社の会員顧客であるメンバーに対して定額制の課金をするビジネスのことを指します。具体的な業種としては学習塾やスポーツジムなど月謝が発生するものです。

ストックビジネスの対象の位置に存在するのはフロービジネスです。小売店(飲食店やコンビニエンスストアなど)に多いビジネスモデルのことを指します。

この2つのビジネスモデルのうちどちらが優れているかは一概には言えません。 ただし、どんなビジネスモデル・業種を選択するとしても、自身の事業計画を成功させるためには自分に合ったビジネスを選ぶことが重要となります。

集客に一工夫

集客を工夫することにより事業を続けやすくなります。多くの事業が倒産する理由は、集客の不調です。また宣伝広告費に多くの費用を投入することによって経営を圧迫してしまい、赤字が続き倒産してしまうこともあります。

現在ではテレビCMを流すだけが宣伝ではありません。インターネット技術の発達により、WEBサイトやSNSを上手く運用すれば効果的な集客が可能です。キャンペーンの運用やセールの実施など集客には工夫を凝らしてみましょう。

しかし、今までに未経験の業種で働くとするとどのように集客をしたらいいか分かりませんよね。そこでフランチャイズに加盟して、うまくフランチャイザー(本部)の力を利用するとうまくいくことでしょう。フランチャイズに加盟をすればキャンペーンを自分で考えずともフランチャイザーが開催するキャンペーンにより、多くの顧客が自分のサービスを利用してくれる可能性もあります。またフランチャイズ展開しているほどの企業の加盟店なら高い知名度がある可能性があります。そのため開店当初から多くの顧客に来店してもらうことも期待できます。

集客に自信がないという方は、フランチャイズへの加盟を検討するべきでしょう。 

客単価を上げる

いくら顧客を集めても薄利多売ではいつまでも経営は安定せず、疲労ばかりが蓄積されていきます。集客がある程度うまくいってきたら、客単価を上げる施策を考えていきましょう。たとえば飲食店を経営しているならば、高級食材や高級なドリンク(アルコール類など)を提供してみるといいでしょう。サービス業であれば、個別のサービスや追加のオプションプランを用意する施策も考えられます。小売業であればオリジナル限定品の販売や数量限定商品の販売をしてみるといいかもしれませんね。

顧客単価を上げる方法としてもうひとつ考えられるのは、顧客が一度の買い物で使用する金額を上げることです。一度の買い物で使用する金額を上げるためには「まとめ買いキャンペーン」「セット価格販売」をするなどのキャンペーンを実施するといいでしょう。また1万円以上購入のお客様に限定アイテムをプレゼントなどをしてみるのも効果があるかもしれませんね。

リピーターを増やす

事業を継続させるためには、一度サービスを利用してくれた顧客に再度サービスを再び利用してもらうことも大切。自社サービスのリピーターとして、顧客にファンになってもらえば、定期的に売り上げが入ってきます。

安定した収入を得るためには良い商品や良質なサービスが必須なのは言うまでもありません。商品やサービスで満足できない場合、顧客は離れていきます。ただし、それだけでは顧客を確保することは難しいもの。リピーターを確保するためにはポイントカードを作る、会員優待料金を設定する、またはダイレクトメールやメルマガで顧客との関係を作っておくと再来店に繋がるでしょう。

人材育成に力を入れる

いくら一人で頑張っても、いつまでも一人で事業を経営していては事業の拡大に限界がきます。ビジネスを拡大するためには当然自分以外の従業員が必要となります。人手不足のため、いい人材を確保するためには好条件の労働条件と福利厚生が必要です。「人件費を低く抑えたいから」と時給を低く設定すれば、求人に応募が来ず求人費用で事業を圧迫することとなるでしょう。

求人をかけて採用がうまくいったら、人材育成をしっかりすること。即戦力ばかりを求めてしまいがちな企業が多いですが、そんな人ばかりが応募してくるとは限りません。はじめは素人でも、教育をして素晴らしい人材として育て上げましょう。ある程度の時間と資金を投資することを惜しまず、人材の育成に力を入れることが成長の秘訣です。人材を育てるために、資格取得費用を補助する試験を業務の一環とみなす、報奨金制度を設けるのがおすすめです。

仕入れ・ランニングコストを見直す

事業を展開していくうえで仕入れ費用や維持費となるランニングコストを見直すほうが、売り上げを伸ばすより堅実です。毎月かかるコストを抑えることができれば、増益となります。いくら売り上げを伸ばしても、比例してコストが上がってしまっては効率的に稼ぐことはできません。

とくに在庫を抱えて販売をしなければならない小売店事業なら特にコスト意識をしっかりと持たないとならないでしょう。とくに外食系なら、その日の天候にも売り上げは左右されます。またコンビニなどは見切り販売を禁止しているフランチャイザーもあるので、加盟店契約をするときには気をつけなければなりません。不良在庫の処分コストがかかるようになってしまう可能性にも意識を向けておきましょう。

ほかにも出店前に家賃や設備費などのコストもよく考えて出店は考えるといいですね。

常に必要とされる仕事を選ぶ

独立するなら、人材紹介や介護、保育など時代が変わっても一定の需要が見込める仕事を選ぶのが大切です

自分が考え出したアイディアや事業で稼ぎたいと考えるのもいいですが、いきなり出てきた商品やサービスにファンがつくまでは時間がかかるもの。その新しい商品が浸透しても飽きられてしまうと、事業を続けられません。次々と真新しいことを考えるのは大変です。

常に必要とされる仕事を選んで、安定した職種を選ぶのが賢明です。

実際のところ、成功率はどれくらい?

新規事業として開業をしてから廃業になるまでは企業によって異なります。一般的には10年ごとに節目を迎えるのですが、短い場合は廃業まで1年未満ということもあります。ちなみに開業から1年足らずで廃業となってしまう企業は、全体の4割ほどと言われています。10年以上続く会社は6%程度しかないという低い数字となっています。このことからも100年以上続く老舗と言われる企業がどれぐらいすごいかお分かりいただけることでしょう。

成功率が低い理由は?

なぜその事業が継続できなかったのか?その理由を調べておけば自分が同じ失敗をする可能性が減少します。

事業計画が甘くランニングコストと売り上げのバランスが悪かったのか。何かしらの要因で売り上げが落ち込んでしまったときの資金繰りがよくなかったのか?そういった原因を調べることによって、同じ過ちをしないように注意すると良いでしょう。

事業計画書をつくろう

事業計画をしっかりと作成するのが、起業を失敗しないコツです。

とくに飲食店においては材料の値段が上下することもありますし、その年の気候によっては売り上げが思うように伸びない可能性もあります。経営が苦しいからと途中から値上げをしては顧客が離れてしまうので、起業時に値段設定はしっかりとしておくべきです。事業を成功させたいならば計画からしっかりと綿密に作成していきましょう。

他人の意見を取り入れよう

起業するための準備を自分でしっかりと行っていても、見落としがある可能性があります。ある程度の自信が持てなければ起業をするのは、再考したほうがいいですがあまり自信過剰になるのは危険。起業をする前の段階でも誰かしらに相談をし、可能ならば起業家仲間や起業サポートを行っているサービスに意見をもらうといいでしょう。

事業を開始してからも定期的にアドバイスを第3者からもらうことが事業安定継続につながっていくでしょう。

先を見通して投資をしよう

お金は有限です。「将来倍に増えるはずだから!」と安易に投資してしまうのはNG。

投資の種類として以下のようなものがあります。

  • 店舗を増やす
  • スキルを身につけるための講義に参加
  • 従業員を多く雇う

投資をする時に売れ行きが良いからといって油断するのは禁物です。例えば、販売している商品が流行したとします。売れ行きが良くなったため、店舗を倍に増やし、従業員もたくさん雇うように投資。しかし流行が去ってしまうと、販売数が減り、売り上げの減少が考えられます。店舗や従業員の給料が払えなくなり、借金を抱えることになってしまうのです。

「もしも」のことを考えながら、投資を考えるのが大切です。

まとめ

事業を成功させるためには事業計画から入念に練っておきましょう。一度事業を立ち上げても多くの企業が1年以内に廃業してしまっている事実を受け止め、自分の事業成長のためにどうしたらいいか常に考え続ける必要があります。サラリーマンが嫌だからといった安易な理由で独立起業を考えてはなりません。 起業をするなら十分な資金と準備を整えてから行動に移すことが事業成功の秘訣となるでしょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査