フランチャイズの破産

フランチャイズ本部が倒産したらどうなるのか?

フランチャイズ本部は倒産することもあり、そんなに珍しいことではないというのが実状です。フランチャイズの中でも、店舗が多く展開されてないような企業だと倒産することもありえます。気がついたときには、「まさかこんなに経営難に陥っていたなんて…」という声もありました。

契約の解約か契約を継続するか決める

フランチャイズの本部が破産した場合、破産管財人が加盟店とのFCの仲裁役に入ります。そこから契約を解約するかどうかを決めていくという流れです。加盟店は破産管財人に対して決められた期間内に契約を解約するのか、契約の継続するかを回答します。期間内に回答がない場合は自動的に契約が解約されるので、継続を選ぶ場合は早めに回答しておきましょう。

事業が継続される場合

FCとしてのシステムを機能したまま、フランチャイズ本部が他の経営者に引き継がれるパターンもあります。別のフランチャイズ本部が経営を行ってきたフランチャイズ店舗を、そのまま引き継がれるという形です。フランチャイズ本部からすると、新店舗開店への投資は最低限ですむというメリットがあります。加盟店からすると、そのまま事業を存続させられるので助かるでしょう。

加盟店からのフランチャイズ契約の解約はできる?

フランチャイズ本部の経営状態が悪化していると感じたとき、フランチャイズ契約は解除できません。破産手続が開始された後は、加盟店側からの解除は認めれられていないようです。

本部からの支払いが滞っている場合も解除はできる?

破産手続開始後、本部の支払いが滞っていた場合も解約はできません。しかし、破産管財人が契約を続けることを選択したにもかかわらず本部の支払いが滞った時は、加盟店はフランチャイ契約を解除できるとされています。

加盟店の方が破産をした場合、本部からフランチャイズ契約は解約できる?

基本的に、本部は加盟店の破産を理由にフランチャイズ解約ができます。加盟店の破産手続が開始されたことを、契約の解約事由とするという特約が結ばれているようです。多くのフランチャイズ契約の場合、破産解約特約が規定されています。加盟店が破産手続を開始しても、それのみを理由にしてフランチャイズ契約が消滅することはありません。

破産手続の開始以前に、フランチャイズ本部へのロイヤリティや商品などの代金の未払いが生じていることも多いと思います。その場合は破産解約特約がなくても、加盟店の未払いを理由にフランチャイズ契約の解除が可能です。

競業避止義務や秘密保持義務についてはどうなるのか

フランチャイズ契約を解除した場合、一定期間は競合企業での就業を禁止していることがあります。また、加盟店として営業していた時の秘密は守らなければなりません。この場合も、倒産した本部がフランチャイズの事業を継続しているかで決まります。フランチャイズを継続していない場合は、このような義務は負わないでも良いようです。

事業が他の企業へ受け継がれて、フランチャイズが継続している場合は競業避止義務や秘密保持義務の責任を追うことになります。

倒産してしまう原因

フランチャイズ本部が倒産してしまうのは、どのような原因があるのでしょうか。フランチャイズ本部は加盟店の売り上げをアップさることが重要な任務です。その任務をうまく果たせないと、売り上げダウンにつながってしまいます。そうなると、結果としてフランチャイズ本部も倒産してしまうでしょう。

加盟店を成功に導くことができていない

加盟店からの苦情に追われて、本部が本来の事業をできていない場合は注意が必要です。成功モデルを把握できず、加盟店を成功に導くことができないとう状況に陥っている可能性があります。この場合、成功再現性の確立低下がデメリットです。上手くいかなければ、加盟店全体が儲からないモデルになってしまうでしょう。

儲からないモデルは加盟店の離脱も多く、継続ができなくなってしまうと考えられます。

時代の変化に対応できていない

時代の変化に対応して、ビジネスモデル自体も変化していきます。もし時代の変化に対応できていないと、事業が上手くいかなくなるかもしれません。お客のニーズも、時代の変化に応じて変わるものです。それに合わせず昔と変わらないビジネスモデルを継続していくと、お客様との間にミスマッチが起こり業績が悪化してしまいます。

時代の変化に対応できないフランチャイズ本部の指導を受けていると、加盟店の売上も徐々に下がって来る状態になるかもしれません。そうなると、加盟店もフランチャイズも共倒れという状態になってしまいます。

加盟店の開発の経費と加盟のバランスが取れていない

加盟店の募集に費用をかけすぎて、直営店の利益を投入しすぎているケースも他と同様に危険です。初期のフランチャイズ企業に多くあります。フランチャイズ本部には段階があり、そのステージに応じた加盟開発の開発手法を取っていかないといけません。

経費とのバランスが取れていないと、フランチャイズへの支援も手薄になります。フランチャイズ本部が儲からなければ、加盟店への反映も難しくなるからです。フランチャイズ本部にはノウハウの開発や提供、SVの派遣などを行う重要な任務があります。それが疎かになると、加盟店の売上も上がらないという結果になるでしょう。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査