フランチャイズ加盟に必要な開業届の手続きについて

フランチャイズ加盟における開業手続きは難しくない

確定申告

フランチャイズ加盟店は、個人事業主という形で開業することになります。

個人事業主の開業においては、税務署に開業届を出すだけで完了するので、難しいことはありません。

開業届けは仕事を始めるときに出せばOKなので、事前に出しておかないと仕事ができないというものではないのですが、開業後1ヶ月以内に出す必要があります

開業届の内容も、決して難しいものではなく、所在地情報や事業概要を記載するだけです。

屋号の記入も必須ではないので、屋号が決められなかったという人も、まずは空欄でも問題ありません。

青色申告をする際は事前の申告が必要

開業後は自分で確定申告をする必要がありますが(もちろん税理士に依頼してもOKです)、個人事業主の確定申告には、「青色申告」白色申告」の2種類があります。

青色申告をするのであれば、税務署に青色申告をする旨の申告をする必要があります。

青色申告は、開業後2ヶ月以内に申告しなければならないとされていますので、早めに申告しておいたほうがよいでしょう。

青色申告と白色申告の違い

2つの違いをわかりやすくいうと、青色申告は65万円の節税の特典があり、白色申告には得手なないが確定申告の手間がかからないという違いです。

青色申告の場合、複式簿記で帳簿をつける必要がある場合があったり、事前の届け出が必要だったりといった手間がある分、65万円分経費の控除を受けられるというメリットがあります

帳簿付けなどで面倒が発生するのが青色申告ですが、会計ソフトなどを使用すれば比較的容易に帳簿付けができますので、しっかり節税したい人は青色申告がおすすめかもしれません。

必ず青色申告にしなければならないというわけではない

青色申告では、税金の控除を受けられる分面倒なことも多いので、フランチャイズ加盟店でも青色申告は利用せずに白色申告で確定申告をを行っている人も多いです。

白色申告で確定申告をしていて、業績が伸びてきてから青色申告を申請するということも可能ですので、経営に慣れるまでは白色申告をするというのもひとつの方法です

また、白色申告から青色申告に変えることは比較的手続きが簡単ですが、青色申告から白色申告に戻す場合は手続きが面倒になるといわれていますので、よく考えた上で青色申告の申請を検討してください。

飲食店開業の場合は必要な手続きが増える

フランチャイズで飲食店を開業する場合は、開業届以外の手続きが必要になります。

基本的には「飲食店営業許可」という許可を取得することで開業できますが、飲食店の種類によってはそのほかの手続きが必要になる場合もあります

例えば、パン屋さんの場合、サンドイッチを販売するお店と菓子パンを販売するお店では必要な許可が異なります。

惣菜パンであれば自治体の飲食店営業許可のみで開業できるケースが多いですが、菓子パンの場合「菓子製造業許可」が必要な場合もありますので、開業が決まったら、事前に自治体に確認しておくとよいと思います。

食品衛生責任者の資格について

また、飲食店を開業する場合は、店舗に必ず1名は「食品衛生責任者」を配置する必要があります。

食品衛生責任者は、各都道府県が実施している講習を受けた人だけが取得できるので、届け出ではなく講習を受けてこなければなりません。

この点についてはフランチャイズの本社で説明を受けると思いますが、調理師や栄養士の免許を持っている人は、食品衛生責任者の講習が免除されますので、この点は覚えておくといでしょう。

ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング

ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査