フランチャイズの失敗

こちらでは、フランチャイズ起業での失敗例をあげ、その対策について説明します。

フランチャイズ起業の失敗例と対策

独立開業をするということは、自分だけではなく家族の将来もかかってくることなので、絶対に失敗はできません。

しかし、あたりまえのことですが、すべての人が成功するというわけではないのです。ここでは実例の中でもよくある失敗の例を挙げて、その原因と防止策を分析しています。

失敗例その1:FC本部に頼りすぎて失敗

起業前はやる気満々で、FC希望者向けセミナーでもどんどん質問をしていた勉強家のBさんは、ある堅実経営が評判のリサイクルFCチェーンに加盟し開業しました。

しかし、半年たっても予定していた売上が出ず赤字状態でロイヤルティの支払いもままならず、本部に対して不満がいっぱいでした。

Yさんの店は駅前商店街にあり立地はとても良いところですが、店内を見ると掃除が行き届かず商品の陳列も雑然としています。

Yさんは無精ひげで、薄汚れた格好、スタッフにも活気がありません。そして「本部が何もしてくれないから売り上げが上がらない」というばかりでした。

数か月後、Yさんは別のオーナーに店を人に譲りましたが、新オーナーに変わった途端、店は大繁盛したのです。

店内にも活気があり、新オーナーのアイデアで見やすい商品陳列になり、明るい照明もつきました。

こうすれば失敗はふせげた:本部だけ頼みにしてはならない
Yさんは「フランチャイズとは、本部が考えた商売のノウハウを、加盟者がお金を払って教えてもらって商売をすること」であるという本質を理解していなかったことが失敗の原因でした。
優れたノウハウがあり、加盟店成功実績が多い優良フランチャイズを選んだところまでは良かったのですが、実際に商売をするのは加盟者であるということを理解せず、何もかも本部がやってくれると思い自分は努力をしなかったのです。
新オーナーのように、自分でもいろいろ工夫をして努力すればBさんも成功できたはずです。

失敗例その2:売上があがらず本部を提訴

スイーツのFC店に加盟し、憧れのスイーツ店を開業したTさんは売り上げが思うように上がらず閉店することになってしまいました。

Tさんは売上が契約締結交渉時に本部から示された売上予測より低かったという理由で本部に対する訴訟を起こしました。

しかし、売上予測とはあくまでも本部が加盟店に対して提示した将来の予測であるため、予測と異なる結果が出ても違法とは認められませんでした。

こうすれば失敗はふせげた:本部からの情報だけで判断せず自分の責任で運営する
本部からの情報だけを信じてフランチャイズ加盟しても失敗する可能性があります。
本部が提供する情報を十分に検討し、他の加盟店の意見を聞いたり、専門家に相談するなどしてから加盟を決定する必要があったのですが、Tさんは本部からの情報をうのみにして、それだけで開店を決めてしまったことが失敗の原因でした。

再チャレンジするならこんなFC本部を選ぼう

経済産業省によると、本部に対する加盟店からの訴訟の半分は「売上・収益予測との乖離」だそうです(経済産業省「フランチャイズ・チェーン事業経営実態調査報告書」平成20年)。

フランチャイズでの起業に再びチャレンジするのなら、まず本部自体がどのような経営状態かどうか良く調べましょう。

そして、実際の加盟店に行って情報収集することをおすすめします。 加盟店には事前に趣旨を伝えてアポイントをとっておきましょう。

また、フランチャイズ契約では契約終了後の「競業禁止義務」が定められていることが多いので、フランチャイズ契約を解除した後に同種又は類似の事業はできないことも良く覚えておきましょう。

独立開業におすすめのハウスクリーニングのFC

このサイトでは、現在1,000億円市場に成長し、少子化・超高齢化と女性の社会進出を背景に、2020年までには8,000億円市場に成長すると予測されているハウスクリーニングサービスのFC本部を比較検討し、ランキングを作っています。

独立開業に再チャレンジするならば、ご検討してみてはいかがでしょうか。