フランチャイズでの集客方法

「フランチャイズで開業したあとは、集客をどうやって行うの?」と疑問を持つ方のために、集客方法やリピーターの作り方などを詳しく紹介していきます。

フランチャイズに登録した後の集客方法

フランチャイズの集客方法は、大きく3つに分けられます。

直接営業をかける

個人宅や、賃貸物件を扱う不動産会社もしくはオーナーに対して営業を行います。基本的には、アポなしの飛び込み営業を行って、会話するチャンスを狙っていきます。

確率は決して高くはありませんが、続けていくうちに丁度よくクリーニングを検討している人と出会えるかもしれません。トーク力がある人は、相手からニーズを引き出すことで、仕事の受注に結び付けることができます。

直接営業の注意点

集客効果が望めるとはいえ、飛び込み営業はキツイと感じる人が多い仕事でもあります。営業経験がない方だと、始めのうちは厳しい思いをするかもしれません。

また、ハウスクリーニング業界は、需要の増加に伴って、新しく独立開業する人も増えています。エリアによっては、アポなしの突然の営業に対して、うんざりしていたり不快な印象を抱いていたりする人がいる可能性も。その場合は、営業活動がマイナス効果を生み出してしまう恐れがあるので、注意が必要です。

チラシなどの紙媒体での宣伝

チラシを作成して、個人宅のポストに投函していきます。チラシは自分で作成するほかに、フランチャイズ本部に依頼して作成してもらえる場合もあります。また、チラシは手書きで作成することも可能。通常のチラシと比べると見栄えはよくありませんが、宣伝としては十分に機能します。費用は紙代とコピー代以外は掛かりません。

ただし、チラシはお客様からの反応率が低いものと思っていた方がよいでしょう。エリア差もありますが、「1000部ポスト投函したけれど誰からも反応がなかった…」なんてことも、珍しくはありません。

チラシで重要なのは、継続性とタイミングです。時間を掛けてお客様に自分の存在を覚えてもらうことや、大掃除のような需要増加のタイミングを狙うことを意識するようにしましょう。

折込広告について

チラシの集客と聞くと、新聞に挟まれている折込広告を真っ先に思い浮かべる人も多いでしょう。ただし、かかる費用に対して反応が見合っているのか、となると微妙なところです。実際、時代の流れとともに折込チラシや新聞の市場は、年々縮小してきています。継続した折込広告の利用は、あまりオススメできません。

とはいえ、自身の労力を使わずに多くの人にチラシを届けるという点では、折込広告は強いです。引っ越し準備や入居準備の始まる2月~4月・年末の大掃除の12月・夏が始まるエアコン稼働準備の6~8月など、クリーニングの需要が増加する時期に限定して利用してみるのも、ひとつの手かもしれません。

ネット媒体での宣伝

現在、知りたいことがあるときには、ほとんどの人がインターネットで情報を得ている時代です。ハウスクリーニングのフランチャイズでも、webを活用できれば、大きな集客効果が期待できます。

マッチングサイト

インターネット上で、「〇〇ができる」人と「〇〇してもらいたい」人を結びつける役割を持っているマッチングサイト。ハウスクリーニングの集客にも、使用できるマッチングサイトがいくつかあります。

マッチングサイトは、無料で登録できて、そのままサービスも利用できるものが多いです。利用するときは、サイト内の与えられたスペースの中で、ユーザーとやりとりを行います。広告などの集客業務は、サイト運営者が行うので、その点では自分でサイトを運営するよりも楽ができます。

チェックポイントとしては、「どこまでが無料」なのかです。予約手数料を設けているマッチングサイトもあれば、完全無料でサービスを提供しているマッチングサイトもあります。利用を検討する際は、詳細をよく確認しましょう。

自社ホームページ

ホームページを作成して、情報を発信していきます。自社ホームページなので、自分が伝えたい情報やメッセージを、思い通りの形にして伝えやすいです。ホームページ作成後は、webで表示されるようになるので、常に誰かの目にとまるチャンスがある状態となります。

さらに、サイト内で依頼を受けられる仕組みにすれば、業務を手伝ってくれる有望なパートナーとしても活躍します。

難しい点としては、検索で上位表示させることです。サイト運営が上手くいかないと、人に見てもらえるチャンスがほとんどない状態になってしまいます。それを改善するためにWEB制作業者へ依頼するときは、費用面である程度の覚悟が必要です。

またお願いしたくなるリピーターづくり

リピーターとは、継続してサービスを利用し続けてくれる人のことです。多くの企業が、リピーターを増やす活動に積極的に取り組んでいます。

リピーターは、初めての方よりも購入単価が高い傾向があるのに加えて、知人・友人への紹介を率先して行ってくれることもある、企業にとって魅力ある存在です。

ツイッターやフェイスブックなどのSNSを利用している人が普通になってきた近頃。リピータから情報が発信されたときには、巡りに巡って、大きな集客効果につながる可能性があります。

フランチャイズでの成功を考えたときには、リピーターを増やす意識を持つことが欠かせません。

リピーターにならない理由

お客様がリピーターにならない理由として考えられるものは、「サービス内容に不満がある」「スタッフの対応がイマイチだった」「ほかのお店が安かった」などです。できる限りの対応をしても、このような評価が多い場合は、改善に取り組む必要があります。

不満以外で、リピーターがつかないもうひとつの大きな理由は「忘れられてしまう」です。前回のサービスで悪い印象がなかったとしても、時間が経過すると記憶は徐々に薄れていきます。

ほとんど覚えられていない状態で連絡がくることは、あまり期待できません。そのときは、数多くある同業他社と変わらない存在と認識されている可能性が高いからです。

リピーターになってもらうための方法

リピーターは、基本的に満足度が高いと感じたサービスを利用し続けます。同業他社との差をつけるためにも、サービスの質や接客スキルを磨いたり、価格を見直したりすることは、リピーターを増やすための前提条件と言えるでしょう。

定期的にサービスを利用してもらうには、忘れられないための工夫をしっかりと行うことが重要です。具体的な行動としては、

  • クーポンやスタンプカード、お友達紹介特典などで次回のきっかけをつくる
  • 同業他社が行っていないサービスを生み出して、驚きを与える
  • DMやメルマガなどで情報の提供を行う

などです。

ちょっとしたことを地道に続ける力が、のちのちのリピーター増加につながります。

顧客を紹介してくれるFC本部もある

ハウスクリーニング業界でフランチャイズの開業を検討していて「実際には、どれくらい集客できるかわからない…」と不安を感じる人、少なくはないと思います。そんな悩みを抱えている方は、顧客を紹介してくれるフランチャイズ本部をチェックしてみてはいかがでしょうか?

事業規模が大きかったり、大手のハウスメーカーとつながったりしているフランチャイズ本部は、常に多くの仕事を抱えています。安定した仕事量があるフランチャイズ本部では、開業後のサポートの一環として、顧客の紹介を行っていることが多いです。

フランチャイズ制度を活用しよう

ハウスクリーニング業界が未経験の方は、フランチャイズ本部から顧客を紹介してもらいながら、事業をスタートすることも選択肢に入れておきましょう。フランチャイズ本部では、顧客の紹介だけでなく、顧客獲得のための集客方法や営業の仕方、技術などのさまざまな研修も行っています。

「フランチャイズ本部ってたくさんあるけど、どこがいいの?」と疑問を感じた方は、引き続きこちらのサイトをご利用ください。ハウスクリーニング業界のフランチャイズ本部の詳しい情報について、わかりやすく掲載しています。

おすすめのハウスクリーニングFC3選
ハウスコンシェルジュ
ハウスコンシェルジュ ロゴ
初期費用 197.4万円
ロイヤリティ 32,400円/月
おそうじ革命
おそうじ革命 ロゴ
初期費用 213.8万円
ロイヤリティ 86,400円/月
おそうじ本舗
おそうじ本舗 ロゴ
初期費用 279.72万円
ロイヤリティ 86,400円/月
ハウスクリーニングで独立開業!フランチャイズランキング
ハウスクリーニングフランチャイズの説明会場に潜入調査